魔界医師メフィスト―闇男爵〈上〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.40
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041664148

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読書録「魔界医師メフィスト闇男爵(上)」4

    著者 菊地秀行
    出版 角川文庫

    P8より引用
    “「<魔界都市>の情報屋も議員夫人会の情報伝達速度には及ばん
    な」”

     目次から抜粋引用
    “遠来の客
     倫敦刺客伝
     妖都と魔都
     失楽園
     魔都の呪詛”

     超常の力を持つ医師を主人公とした、ダークファンタジー長編
    小説。シリーズ第五弾。
     魔界都市新宿に再開発の話が出ていた、過去に多大な犠牲を何
    度も払っているにもかかわらず…。

     上記の引用は、新宿区長の総理大臣との交渉の情報についての
    一文。動物行動学的に見ると、女性の噂話好きや井戸端会議には、
    お互いのパートナー達の情報交換の役割があったのではないかと
    のことです。主に男性の行動に対するもので、自分の遺伝子をよ
    り優秀な遺伝子と組み合わせて残す、自分のパートナーの浮気を
    見張るなどの繁殖戦略からくるものとか。
     成長してから情報を扱うようになる情報屋では、生まれた時か
    ら情報を扱う才能を磨き続けた存在には、勝てないのは道理かも
    知れませんね。情報屋の女性というのが、一番良い情報を持って
    いるのでしょう。

    ーーーーー

  • 「魔界“倫敦”」から、黒いオーバーと蝶ネクタイのよく似合う、ひとりの若者が「魔界都市“新宿”」に舞い戻った。わずか三才にして、黒魔術の総本山・倫敦へ留学、二十年後ついに「闇男爵」の称号を贈られた男。一千年の魔都が育んだ魔性を自在にする最強の魔道士。これほどの男が、美貌の医師を敵にまわそうとは…。メフィストの生命に終わりがあると誰が信じようか。“新宿区”の権益をめぐり、今ここにシリーズ最大の目眩く妖術戦を展開する第五弾登場。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、82年『魔界都市〈新宿〉』でデビュー。85年、『魔界行』(祥伝社刊)三部作で、人気作家の座を不動のものとした。以後、SF、ホラー、ファンタジー、伝奇など幅広いジャンルで活躍。本書は、〈魔界都市“新宿”〉を象徴する黒白の魔人、せつらとメフィストが、自らの存在の危機に共に立ち向かう、読者待望の最新作である。ノン・ノベル既刊の「魔界都市ブルース」(シリーズ66巻刊行中)、「ドクター・メフィスト」(シリーズ6巻刊行中)など、多数の著作、シリーズを数える。

「2021年 『魔界都市ブルース 傀儡人の宴』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菊地秀行の作品

ツイートする
×