魔界医師メフィスト―魔女医シビウ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041664186

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読書録「魔界医師メフィスト魔女医シビウ」3

    著者 菊地秀行
    出版 角川文庫

    P81より引用
    “美しい唇がすぼまり、たっぷりと汁を含んだ麺を吸い上げた。
    まともに見たら、男ならみな股間を押さえかねないセクシーさだ。


     目次から抜粋引用
    “女医来訪
     死人病院
     大使館より
     医療戦線”

     超常の力を持つ医師を主人公とした、ダークファンタジー長編
    小説。シリーズ第8弾。
     ある夜、看護婦がゾクゾクするほど美しい女性がメフィスト病
    院を訪ねてきた。メフィストが兄弟子と呼ぶその女性は、ことも
    あろうにメフィスト病院の患者に治療を行った…。

     上記の引用は、メフィストと女医シビウが大衆食堂で食事を摂
    るシーンでの一文。いくらなんでも妄想を膨らませすぎなのでは
    ないかと思います。もし実際に、女性がラーメンを食べていると
    ころを見て勃起する人がいるのならば、性犯罪に走る前にしかる
    べき方法で処理をした方がいいのではないでしょうか。
     相変わらずのメフィストの超人っぷりが、とても気持ちいいで
    す。

    ーーーーー

  • 午前三時、メフィスト病院の扉が音も無く開いた。そして、疾風と共に現れたひとりの女性―限りなく透明に近い肌と、慈愛に満ちたその美貌は、全ての男を魅了し狂わす。彼女の名はシビウ。かつてメフィストと老師ファウストの下に学び、その才能はメフィストを凌ぐと謳われた魔女医であった。そのシビウが“新宿”に狙いを定める。今ここに、美と医を賭けた世紀の対決の幕は上がった。美しく、静かに、そして冷酷に…。耽美と狂気の交錯する待望のシリーズ第8弾。

    削除

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、82年『魔界都市〈新宿〉』でデビュー。85年、『魔界行』(祥伝社刊)三部作で、人気作家の座を不動のものとした。以後、SF、ホラー、ファンタジー、伝奇など幅広いジャンルで活躍。本書は、〈魔界都市“新宿”〉を象徴する黒白の魔人、せつらとメフィストが、自らの存在の危機に共に立ち向かう、読者待望の最新作である。ノン・ノベル既刊の「魔界都市ブルース」(シリーズ66巻刊行中)、「ドクター・メフィスト」(シリーズ6巻刊行中)など、多数の著作、シリーズを数える。

「2021年 『魔界都市ブルース 傀儡人の宴』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菊地秀行の作品

ツイートする
×