マヴァール年代記〈2〉雪の帝冠 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.46
  • (8)
  • (11)
  • (37)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 199
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041665169

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ひびの入った足場の上で版図を広げるカルマーン。七カ国連合とか、話は大きくなってくるのだが、地図が欲しい。第一巻には少しあったコミカルさ、物語色は影を潜め、ぐっと「年代記」っぽい雰囲気になっている。

  • 戦いに明け暮れていますね・・・。魅力的な人物が沢山登場しますが、見せ場のないまま退場していくような・・・ページ数が限られているので仕方ないと言えば仕方ないのですが・・・。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    大陸暦1091年2月、「北の雄」マヴァール帝国は隣国と武力抗争の渦中にあった。陣中に、皇帝崩御の報がもたらされた時、総司令官カルマーンは、すでに勝利を手中に収めていたが、追撃を放棄し、帝都オノグール城の父の元へ急行した。帝位を継承するのは誰か?玉座をめぐる混迷が、カルマーン、ヴェンツェル、リドワーンという、かつての学友の再会に“野心”という一匹の竜を介在させた。どんなに豪華な玉座であっても、二つの野心が共存できる広さはないのだ―。いよいよ開幕、幻想歴史ロマン、マヴァール年代記三部作。

  • ヴェンツェルがますますアルスラーンのナルサスに見えてきてしょうがないのだが。

  • 【63】

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1952年熊本県生まれ。学習院大学大学院修了。
’77年『緑の草原に……』で第3回幻影城新人賞、’88年『銀河英雄伝説』で第19回星雲賞、2006年『ラインの虜囚』で第22回うつのみやこども賞を受賞。
壮大なスケールと緻密な構成で、SFロマンから中国歴史小説まで幅広く執筆を行う。
著書に『創竜伝』『銀河英雄伝説』『タイタニア』『薬師寺涼子の怪奇事件簿』『岳飛伝』『アルスラーン戦記』の各シリーズなど多数。

「2021年 『海から何かがやってくる 薬師寺涼子の怪奇事件簿』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中芳樹の作品

ツイートする
×