処女少女マンガ家の念力 (角川文庫)

著者 : 大原まり子
  • 角川書店 (1987年3月発売)
3.46
  • (2)
  • (2)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041668023

作品紹介・あらすじ

女流マンガ家・箱崎美夜子先生と、助手である妹の千世子とその恋人・志郎、それにヤクザな猫ヤルコフスキーが住まうリーベント下高井戸503号室。そこでは、あらゆるものたちが現実を呼吸しています…。月と太陽も、マスクメロンと毛糸玉も、ゴジラと葉緑素も、偶然と必然も、すべてのものが入口であり出口なのです。そしてそれが「何色を映しているか、何色に輝いているか?」がすべてなのでした…。キャンディ・ポップSFの覇者が贈る空前の急性昏睡小説。抱腹と落涙、思わず忘我の万華鏡。一冊まるごと感嘆符!

処女少女マンガ家の念力 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カバー:岡崎京子

全1件中 1 - 1件を表示

処女少女マンガ家の念力 (角川文庫)のその他の作品

大原まり子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

処女少女マンガ家の念力 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする