ジャングルの儀式 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.98
  • (0)
  • (4)
  • (32)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 120
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041671016

作品紹介・あらすじ

桐生傀。25、6歳、長身。逞ましい身体と強い意志を持つ男。父を殺した男・花木達治を求めて、ハワイから真冬の東京へやってきた。17年間、その為にだけ身体を痛め、心を飢えさせてきたのだ。都会のジャングル東京でその幕が開いた-。謎の男達の襲撃。傀の破乱の戦場へと導く妖艶な美女麻美。そしてついに傀は目指す相手、花木と対決するが…。新鋭大沢在昌が放つ、長編ハードボイルド・アクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ハワイ育ちの逞しい若者」「父の仇討ち」「謎の美女」「悪の枢軸の登場」etc、読み応えのあるハードボイルド。

  • 大分以前に読了。

    桐生傀。25、6歳、長身。逞ましい身体と強い意志を持つ男。父を殺した男・花木達治を求めて、ハワイから真冬の東京へやってきた。17年間、その為にだけ身体を痛め、心を飢えさせてきたのだ。都会のジャングル東京でその幕が開いた―。謎の男達の襲撃。傀の破乱の戦場へと導く妖艶な美女麻美。そしてついに傀は目指す相手、花木と対決するが…。

    って事で、なりに面白かったが...。

  • 深さはないが。ストレートなハードボイルド。
    花木と対峙した時点で本の半分しかいってなくて、こいつはやばいぞ、とか思ったら案の定失速した。それまでは父親の死の謎を追い求めてた部分もあり面白かったな。

  • 父親を殺し屋に殺された主人公が、復讐のためハワイから帰国。仇と遭遇するも、父親殺害の真相を聞かされる。復讐のためだけに生きてきた主人公は・・・

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1956年、名古屋市生まれ。79年『感傷の街角』で小説推理新人賞を受賞しデビュー。代表作に『新宿鮫』(吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞長編部門)、『無間人形 新宿鮫IV』(直木賞)、『パンドラ・アイランド』(柴田錬三郎賞)、『海と月の迷路』(吉川英治文学賞)、近著に『覆面作家』『俺はエージェント』『爆身』など。

「2018年 『ニッポン泥棒(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大沢在昌の作品

ツイートする