一年分、冷えている (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.34
  • (5)
  • (5)
  • (23)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 83
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041671061

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何度めかの再読。古さは有るが良いな。
    2017.6.19

  • 大沢在昌氏が飛行機の機内誌に連載していた、短編集。 機内誌というある意味特殊な状況で読まれる小説なので、連載とはいえ全てが読みきり。一編が文庫で10ページ程度のほんとに短い小説。大沢在昌の存在がまだあまり一般には知られていなかった頃からの連載だということなので、彼の名前を知らない人が読むことのほうが多かったであろう。機内誌なのでふとしたことで手にする人を、いかにひきつけて物語に引き込むかということを第一に作られている。どれも最後はじんわりと心が温かくなるストーリー。

  • 大人だね。
    大人になりましょう。

  • 短編集。各話とても短いけど、ほっこりする話。素敵。

  • 古い本だが大沢氏の本なので、てっきり一つの話だと思ったらかなり短い短編集でした。もともと全日空の機内誌で連載されていた短編をまとめたものとのこと。中にはよいと思う話もあったけれど、全体的には期待はずれだった。

  • 懐中時計がいい。

  • 自分的大沢ベスト5の第4位<br>
    <br>
    これは、現在の大沢在昌はあまり書かなくなった短編集です<br>
    <br>
    でも、個人的には大沢在昌の短編というのは本好きなら1回は読んでおいた方がいいと思う<br>
    きっと『だまされた』とは思わないと思いますよ<br>
    <br>
    ストレートな表現が少ないハードボイルド大沢在昌が短編という枠組みの中でどのように作品を組み立てているかを見るだけでも面白いかと思います。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1956年、名古屋市生まれ。79年『感傷の街角』で小説推理新人賞を受賞しデビュー。代表作に『新宿鮫』(吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞長編部門)、『無間人形 新宿鮫IV』(直木賞)、『パンドラ・アイランド』(柴田錬三郎賞)、『海と月の迷路』(吉川英治文学賞)、近著に『覆面作家』『俺はエージェント』『爆身』など。

「2018年 『ニッポン泥棒(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

一年分、冷えている (角川文庫)のその他の作品

大沢在昌の作品

ツイートする