暗黒旅人 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.92
  • (0)
  • (4)
  • (38)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 119
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041671122

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • うん、例のごとく忘れてしまっていた自分。
    (かなり久し振りの読み直し)
    読みやすく、すんなりと物語に馴染める文章力。
    読みやすい。
    前半の導入部分の謎に惹かれ
    おおっ!と思う。
    ですが、進むにつれ4つの短編SFホラー&少しミステリーのお話で
    つながっていく・・・
    なんとなく
    ちょっと物足りなさを感じてしまいました。

    ライトに読むには、面白くいいと思います。

  • 大沢作品の中で異色のモダンホラー・ハードボイルドという作品。意欲作ではあるが、正直入り込めない。
    成功と引換に「使命」を与えられた作家の御岳雄一郎は不思議なイメージに導かれ、水・火・木・土の怪物との戦いに導かれていく。

  • 内容にオカルト要素が入っていることから巻末の解説に「モダンホラー・アクション」であり「ホラーとハードボイルドの共存」である、みたいに書かれているが

    ぶっちゃけオカルトではない。

    言うなればB級アクション、雰囲気は大沢在昌『悪夢狩り』に似てる。ただ今回、『使命』を受けた主人公、御岳のミッションが4つに分かれていて、それぞれ独立した物語(関わる登場人物が違う)になっているため短編集っぽい。
    よって話は軽くなる。当たり前の話なんだが、長編だと思っていたためちょっと期待はずれだったかな。。

    今野敏『特殊防諜班』と同じく、かる~く読みたいときに。

  • 初読で異色作を引き当てる、これはもう運命なのかな。苦笑。
    でも好きです。
    テンポと文体が好き。
    個人的ツボは第4章。ハメルンの笛吹きは誰でも思うのねwとは思ったけど。ちょっと妄想アイテムでした。
    また、エピローグで、好き!! ってなりました。

    大沢在昌さん、色々読んでみたいです。

  • この人らしくない作風だったなって思う。

  • 珍しくホラーです。ホラーじゃなければまた違ったのかな?なんて思ってしまいました。

  • いまいち

  • アニイからお借りしたのですが、なんていうのでしょう?非ハアドボイルドでした。
    自殺を試みた作家志望の男性と女優志望の女性が一命とりとめて、
    その後、フシギなワァールドへ・・・・でございます。この方がこういうのを書かなくても。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1956年愛知県生まれ。慶應義塾大学中退。79年『感傷の街角』で第1回小説推理新人賞を受賞しデビュー。91年『新宿鮫』で第12回吉川英治文学新人賞および第44回日本推理作家協会賞、94年『無間人形』で第110回直木賞、2004年『パンドラ・アイランド』で第17回柴田錬三郎賞、10年第14回日本ミステリー文学大賞、14年『海と月の迷路』で第48回吉川英治文学賞を受賞。

「2021年 『爆身』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大沢在昌の作品

ツイートする
×