シャドウゲーム (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.83
  • (0)
  • (3)
  • (33)
  • (11)
  • (0)
本棚登録 : 122
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041671146

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 名古屋弁が満載。
    こうやって、文字化すると読みにくいものだ。
    名古屋出身でないと楽しめないのかな。

    シンガーソングライター 堀河優美。
    恋人だった 吉川国夫が 死んで残っていた遺品に
    シャドウゲームという 楽譜があった。

    名古屋の友人に会いにいって、
    その後なくなったので、
    その楽譜がなぜあるのかを 探す。
    胡山という推理小説家が、
    優美に手伝ってくれる。
    友人 野崎も 落ち着いたオトコで
    手伝ってくれる。

    それに絡むのが 自殺など事故死に見せて
    殺しをおこなう 伊神。
    存在感は ありますね。このひと。
    洋子という 女がターゲットなんだけど。

    楽譜 は一体どんな意味があったのか?

  • シンガーソングライターの堀川優美は交通事故死した恋人の吉川国夫の遺品から「SHADOW GAME」と名付けられた一枚の楽譜を見つけた。作曲者を探すために死の直前の国夫の足取りを追った優美は、国夫に楽譜をw足した人物もまたその直後交通事故死していたことを知る。そして優美の周辺にも脅迫者が、、、。(本書より)

    まぁまぁ楽しめた作品だった。

  • 大沢さんの女性主人公の小説は好きなので期待していたが…あれれ、という感じ。
    スリル感はあるが、ラストが薄い印象で物足りない。

  • モノクロチックな描写が大好きです。
    2006/2/10

  • このラストはどうなの???と疑問
    もう少し・・・

  • 自動車事故で死亡した恋人の遺品から見つかった楽譜「シャドウゲーム」。シンガーソングライターの主人公は、この曲をアルバムに収録するために、作曲者を探すはなし。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1956年、名古屋市生まれ。79年『感傷の街角』で小説推理新人賞を受賞しデビュー。代表作に『新宿鮫』(吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞長編部門)、『無間人形 新宿鮫IV』(直木賞)、『パンドラ・アイランド』(柴田錬三郎賞)、『海と月の迷路』(吉川英治文学賞)、近著に『覆面作家』『俺はエージェント』『爆身』など。

「2018年 『ニッポン泥棒(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シャドウゲーム (角川文庫)のその他の作品

大沢在昌の作品

ツイートする