ロマンス (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.60
  • (68)
  • (50)
  • (177)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 661
感想 : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041673096

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人を好きになると、世界の色がくるくる変わる。
    何度も何度も歩いた道も、いつもは目に留めなかった景色も
    色さえも鮮やかに輝きだしたり、悲しい色に染まったり。

    恋の始まりはうれしいばかりなのに、次第にもやもやと
    不安の色が混ざり合い霧のように立ち込める。

    これはあの時の色。
    これはあの時の景色。

    恋をすると脆くなり、愛を知ると強くなる。
    私はあなた。
    互いに迷わなければ、2人の目に映る互いは
    揺るぐことない2人でいられる。

    朧月夜に照らされてうとうとするまつぼっくり。
    花のように見えたフレヤースカート。
    すみれの花束。

  • セットで買った古本に混ざっていた一冊。
    同じ作者の『Go Go Heavenの勇気』がよかったので、続けて読んだ。

    詩集を読むのは初めてだったが、こんなに短い言葉で溢れんばかりの感情を表現することができるものなのかと感心した。
    子どもの頃、教科書で詩を読んだときは、詩というものが何なのか、何がいいのかよくわからなかった覚えがある。
    そんな私にも伝わる詩だ。

    一番気に入った詩を挙げたいところだが、この詩集は恋愛をテーマにしたものが多いので、自分の内面をさらけ出すようで恥ずかしい。
    そこで、恋愛が直接は描かれてないものとして、「樹木と波」を挙げる。
    明け方に窓から外を眺めて、グラデーションになっている空に目を奪われていく情景が思い浮かぶような詩だった。

  • 「ロマンスの道は遠かりき 我と我が身を励まさん」もう何十年も前に読んだ本なのに(その後何度も再読してるけど)今でもこの詩は暗唱できる。それくらい深く深く心に刻まれた一冊。

  • 手放してしまったが、20代前半くらいによく読み返していた。

  • ある写真のサイトで目にした銀色夏生の詩。その詩は載っていなかったけど、心に沁みこんでくる詩がたくさんあった。

  • 詩なんて読む人の気がしれないと
    昔は思っていたけれど
    詩が必要な時ってあるんだな~と。

  • 中学生の頃によく読んでいた銀色夏生さん。
    再読。セツナイなあ…。中学生の頃とは感じ方が違うのだろうけど、今読んでも好い。
    (2014.01.20読了/6)

  • 1989年の作品。
    20年以上経っていても、褪せない表現がここにあります。
    表題の「ロマンス」という詩、秀逸。
    ロマンスなんてまずないってことは、分かりきってるのにね。

    銀色ワールド入門書です。

  • むう。恋をしているときにもう一度読もう。

  • 友人にこれか宵待歩行をいちばん贈りつけました

全48件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

詩人・エッセイスト。作詞家としてデビュー。その後、詩人として数々のロングセラー詩集を発表。エッセイ・シリーズ「つれづれノート」が好評を得る。

「2022年 『庭は私の秘密基地』 で使われていた紹介文から引用しています。」

銀色夏生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
銀色 夏生
銀色 夏生
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×