ナルシス ナルくん (角川文庫)

著者 : 銀色夏生
  • 角川書店 (1993年1月発売)
3.48
  • (8)
  • (14)
  • (38)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :115
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (98ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041673195

ナルシス ナルくん (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ナル君はいい子

  • 再読。不思議で素直でとても愛らしいお話。初めて人の愛を見せつけられたことで、宇宙の中のほんのちっぽけな自分に気付いてしまうナルくんは なんと大人びているんだろう。初めて読んだ時は同級生であるようせいくんの性別を不思議に思ったけど、今ではそれが〝大事なことは目に見えているものばかりではない〟と分からせてくれるような気がする。絵本のようなほのぼの感が漂いつつも、銀色さん特有のニヤリとさせられる小ネタが散りばめられているところも好き。

  • ナルくん大好きだー

  • 従姉にもらって初めて読んだ銀色夏生。
    ナルくん可愛い。

  • ナルくんが愛しくて仕方なくなる。
    79ページ目を何度も読み返します。

  • なぜかたまに読んでしまう。

  • 「ナルくんは、かわいい正直者。ちょっぴり自分のことをよく考えすぎるところはありますが、最後には優しさが感じられます」著者。

  • ナル君、かわいいよぉ!絵もかわいいよ★大好きで何回もよんだよ。癒されるよ。

  • かわいらしくて癒やされる。

  • ナルくん、いかしてるぅ!

全14件中 1 - 10件を表示

ナルシス ナルくん (角川文庫)のその他の作品

銀色夏生の作品

ナルシス ナルくん (角川文庫)はこんな本です

ツイートする