詩集 小さな手紙 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.33
  • (12)
  • (25)
  • (102)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 332
感想 : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (124ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041673225

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 詩集。

    「静かな失恋」、「自己矛盾、「雨あがり」、「白衣を着た彼女」がよかった。
    「小さな手紙のようだった、かわいらしい人よ」

  • この中で「悲しみなさい」が一番好きです。
    たぶん自分が他人から言われたい言葉なんだと思います。

  • フリマでまとめて買ってきた銀色夏生の本もこれで最後。するすると清らかで透明な水のように流れ込んでくる。過度に感傷的だったりせずにニュートラルなものである分、そこまで心も動かされなかったような。まあそういうものなんだろう。

  • 身近なモノを題材とした詩集です。銀色夏生の詩集はどれも素敵です。
    ほのぼのと気持ちが和らいでいきます。

  • 10数年ぶりの読み返し。
    あの頃とは たぶん違う角度から読める。

  • 文字だけの詩集。時が経つと茶色くなっていく紙から古書のような香り。横書き。写真詩集と同じように可愛く切ない恋の詩が多い。長いものも結構ある。P119「約束したこと」がシンプルで好き。

  • 小さな気づき。ですね。

    どうレビューしたらいいのでしょうか。
    言葉に詰まるぅ・・。
    けど、あえて言えば、「鋭さ」がテーマでしょうか。甘いロマンティックでなく、冷静な観察がベースです。

    気に入った作品のタイトルを挙げて、終わりにしましょう。
    ・一時の迷い
    ・それからの思考少年
    ・ある日
    ・単純なこと
    ・友人との会話
    ・自己矛盾
    ・距離観 ※一押し
    ・賛美と拒絶はよく似ている

  • 高校生の時まわりの子がそろって読んでいたっけ。反発してあえて読まなかったけど、読んでおけばよかったかなと思った。高校生の感性で感じるものもあっただろうな。

  • 百発百中といかなくても、すべてが浅いレベルで良い作品群より、ときたま紛れ込む一撃が真理と心を突くようなもののほうが良い。小説の短編集なんかもそうね。(もちろんすべてがすべて素晴らしけりゃそれに越したことはないですが)
    新しい詩の方向性を見れた気がする。こういう風に詩は書くんだ、というより「こんな風に書いて良いのか」って感じで。
    人におすすめはできないけど、個人的には勉強になる。
    (四月読了)

  • 好きな人のことばやしぐさは人から人へ伝わる透明な小さな手紙のようなものだと思います。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

詩人・エッセイスト。作詞家としてデビュー。その後、詩人として数々のロングセラー詩集を発表。エッセイ・シリーズ「つれづれノート」が好評を得る。

「2022年 『庭は私の秘密基地』 で使われていた紹介文から引用しています。」

銀色夏生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×