泡とそよ風 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.20
  • (5)
  • (3)
  • (34)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 105
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041673263

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「泡」のようにはかなく、「そよ風」のように静かな本。

    詩と言うより、一人言に近かったような。そこに私に連なる普遍性が今回はあまり見られなかったのが、残念。★5つの銀色作品もあるかと思えば、★2つもある・・・。(それでも、出会いをよびよせる磁石、あきらめました、の2文は、ちょっと心が触れた)

    しかし、書き続けるのが、表現者としては、何よりも大切。このはかなさは次への力強さになることを信じています。

  • 「私が泡なら、こわれはしない。あなたが泡なら、こわしはしないわ。」暖かい絵と共に詩集をご堪能ください。

  • いい(≧∇≦)b

  • いつかピアノを聞かせて。<br><br>
    あなたの思ってることを<br>
    なんとなくでもいいから。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

詩人・エッセイスト。作詞家としてデビュー。その後、詩人として数々のロングセラー詩集を発表。エッセイ・シリーズ「つれづれノート」が好評を得る。

「2022年 『庭は私の秘密基地』 で使われていた紹介文から引用しています。」

銀色夏生の作品

ツイートする
×