君はおりこう みんな知らないけど (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.57
  • (63)
  • (62)
  • (193)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 626
感想 : 59
  • Amazon.co.jp ・本 (138ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041673300

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 10代で出会ったお友達

  • 大体の本なんて読んでも自分の人生は変わらないし生き方も変わらないし次の日の夜ごはんすら変わらないと思う。この本は、詩集だから少しの言葉と少しの写真しかない。それなのに小説とか新書だとかを読むより何倍も何十倍も自分に生きる言葉があるなって思った。若くて青い自分には全部が全部理解できて共感ができたわけじゃないから年を重ねてまた読み返したらまた変わった解釈と自分に会えるんだろうなって思う。読んでたくさんのことを反省した自分はおりこうなのかな!なんつって

  • きっと若い頃にしか味わえない痛みと苦しみまたそれと同等の喜びと幸福が詰め込まれた詩と写真。泣いてしまうな。

  • 2~3行の短文の詩が多い写真詩集。
    発行が平成8年ということもあり、季節の花や風景の写真は今ほど鮮明ではないが、綺麗で物寂しい雰囲気がある。

    銀色夏生さんなのでやはり恋に関する詩が多い。
    どれもいい言葉ばかりだが、あまり直接的なものを例として挙げるとやはり恥ずかしい。
    そこで、それ以外で気に入ったものを2つ。
    詩のタイトルがないので、本文抜粋になってしまうが。


    「あなたを盾にして」

    人に頼ってばかり、人のせいにしてばかりなので、それを指摘されたような気がした。


    「精神統一
     それから
     一粒の砂のように軽く
     海の底のように静かに」

    イメージしてみると、なんだか落ち着く気がする。
    いつあるかはわからないが、精神統一する必要があるときはこの詩を参考にしようと思う。

  • このような写真と詩が一緒に1つの作品になっている冊子の詩集は初めて読んだ。
    写真ときらっとひかる言葉の絶妙なマッチングはweb上で出会い非常に感じいったことがあるが、それが本の形になっているとまた全然違うように感じる。
    全部で一つであるようで、違うものが散らばってもいるようで不思議な感覚。リズムよく並べられている部分もあるし。
    写真が気になるところもあれば、言葉が気になるところもあれば、両方の相乗効果を味わうところもある。

    ぐっと心の奥で共感するような言葉が散らばっている。

    お互いが美しく見える距離でつきあおう
      彼女とは1メートル
      君とは1キロメートルだ

  • さらっと読めてよい 写真が情景的 共感したい気分の時

  • 高校生の頃、銀色夏生の詩集が流行って、いろいろ持っていた。この作品はその中でもちょっと後に発表された本だ。
    詩が好きで、短い文章ですっと引き込まれ、自分の状態によってひかれる詩が違うのがおもしろい。
    ずっと、誰かに認めてほしくて褒められたかった、自分の気持ちにはまったのだろう。銀色夏生の詩集では1番好きな詩集だ。

  • 励ましてもらいたくて読んでみました。背中を押された読後感

  • はっとしたり、あれはこういう言葉になるんだと思い知ったり。

  • 失恋した時とか。

全59件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

詩人・エッセイスト。作詞家としてデビュー。その後、詩人として数々のロングセラー詩集を発表。エッセイ・シリーズ「つれづれノート」が好評を得る。

「2022年 『庭は私の秘密基地』 で使われていた紹介文から引用しています。」

銀色夏生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
銀色 夏生
銀色 夏生
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×