バラ色の雲―つれづれノート〈6〉 (角川文庫)

著者 : 銀色夏生
  • 角川書店 (1997年7月1日発売)
3.43
  • (20)
  • (20)
  • (96)
  • (1)
  • (0)
  • 256人登録
  • 23レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041673324

バラ色の雲―つれづれノート〈6〉 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • つれづれシリーズこれと①がすき。
    日記文学好き、古今東西の日記をよんでいきたい。

  •  近頃は江國香織ばかり読んでいたんだけど、その隙のなさ・矛盾のなさにすこし窮屈を感じ始めた(笑)。そんなときは銀色夏生で気分をリセットする。エッセイ「つれづれノート」の、第6巻をチョイス。
     
     銀色夏生の作品群のなかで、最も良いのは詩だ。作詞家として身を立てただけはあり、世界をキャッチーかつ爽やかに描いたものが多い。若い人は大好きだろうなあと思う。彼女は割と多才なひとで、絵を描くし(挿絵はすべて自作)写真も撮るし、小説を書くし、日記形式のエッセイ=つれづれノートは20年近くシリーズで出版されているが、詩に比べるとどれもレベルが違うんじゃないかという気がする。その他の作品については、あくまで素人のスタンスなのだ。
     しかし、しかし。私は銀色夏生の詩より、素朴な「その他の作品」のほうが好きだ。このひとは人間観察力及びものごとについての洞察力がずば抜けて高いと思うのだけど、その鋭さや面白さの詳細が詩では十分に伝わらないから。あと、南九州出身者のシンパシーを、洗練されていない分より感じられるのかも。なんか大らかさが底抜けてるんだよね。挿絵がほぼ落書き状態でそのまま載ってるとか、実家がめちゃくちゃ&妙に陽気なとことか、でも大真面目なところとか。その無頼ぶりに、なんだか懐かしい気持ちになるのです。

     ところで「つれづれノート」は2012年11月時点で19巻まで出ていますが、近頃はぜんぜん買ってません。銀色さんスピリチュアルとかに凝りだしちゃって、まったく興味持てないんだもん。なぜ今6巻かというと、この頃上の娘さんが4歳で(現在は20歳くらいに成長している)、自分の境遇とかぶるからなんですねえ。また大きくなったら、読みたい巻も変わってくるのかな。

  • 1997年8月読了。

  • 衝撃の展開。
    ⑥⑦持ってなくて、先に⑧みたときに赤ちゃんが写ってて、慌てて本を閉じた。まさかの離婚。ということはあの赤ちゃんは・・ということが頭の中をぐるぐるしてしまい、先へ先へとどんどん読んでしまった。
    つくづくおもうけど、向き不向きって単にその才能じゃなく、そういう自分に整えることができることひっくるめての才能なんだなぁとおもいました。(((@@)))

  • 銀色さんの独特な文章の書き方。
    あー坊とののほほんとした生活が
    読んでいて癒されます。
    疲れた時などに読むとほっとします。

  • 再読。
    何度読んでも離婚した時の引き際の鮮やかさに驚く。
    むーちゃんがいちばん驚いたのかも。
    しかも結論が出て時間をおいてからでないと親しい友人に話さないところが銀色さんの強さだなと改めて思った。

  • つれづれ全て読んでいますが、これが1番好き。
    より自由へとなってゆく。わくわく。

  • 2008/10/22購入。日記な本。私自身は日記を書いていないけれど、日常が記憶されていく、感じは好き。ほっとする。

  • 96年5月11日〜97年4月9日
    6月18日に事件が。翌年3月13日に引っ越し。
    オーストラリア、北海道旅行など
    3月9日の後ろから7行目の文章が印象的。

  • <11月読了>人の日記をつらつら読むってこんな感じかなぁ。久しぶりに銀色夏生を読んだ。落書きみたいな絵に、ちょろっと書いてみたみたいな文章。しかも、?。やりたいことやってて生きていけるんだなあ、なんて思った。

全23件中 1 - 10件を表示

バラ色の雲―つれづれノート〈6〉 (角川文庫)のその他の作品

銀色夏生の作品

バラ色の雲―つれづれノート〈6〉 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする