気分よく流れる―つれづれノート〈7〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.35
  • (14)
  • (21)
  • (98)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 248
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041673355

作品紹介・あらすじ

朝、目が覚めて、いろんなことをしてるうちに時間がすぎて夜になり一日が終ります。それが続いて一年、十年、一生。どんな気分でどんなふうにすごしたとしても一生は一生。どうせなら、気分よく流れるようにすごしたい。時には身をゆだね、時には目標に向かって舵もとり、雨の日は雨に打たれ、晴れの日はかわかし、おかしい時は笑って。そして、真面にもなり。近くにばかりはいないけど仲間はいて、どこかの道を同じように歩いていて、時々そのことがわかるたびに勇気づけられて、私たちはそれぞれの道を進んでいくのだと思います。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イカさん登場!新しい家庭の誕生です。

  • 再読。
    現在のかんちゃん(カーカ)の「にてもやいてもくえない」かんじは、良くも悪くも銀色さんの育て方のたまものだと思うのだけれど。人間って都合の悪いことは忘れるものだから・・・。だから長く「つれづれ」を読んでいると銀色さんが、さくくんを可愛がって、かんちゃんと言い争っていると、よそのお家のことながら少々胸が痛くなる。

  • つれづれノートの続編。

    前作同様、続きが読みたくなる、
    不思議な魅力にあふれている。

  • 誰か好きな人に出会うためにもちょっと女っぽくならなきゃとか
    もっと外に出ていかなきゃとか言ってたけど、
    出会いはそんなところからはやってこないことがわかった。
    出会いは、遠い空から急に目の前にづってきたようだった。
    きっと積極的にならなくても、ことさら無理をしなくても、
    誰かに出会うときは出会うのだと思う。
    だから、それまで自分らしく楽しくやっていけばいいんだと思った。


    銀色さん彼氏ができてます。
    おめでたい。

  • 97年〜98年
    2番目のイカが登場。
    相変わらず旅行三昧?

  • イカさん登場〜。

  • 銀色夏音さんのエッセイ集。ほのぼのしてます。

  • イカちんのFAXがかなり印象的だった記憶が。
    あーぼうって呼び方・・・かぁいぃよね(*´Д`)

  • つれづれノート7冊目。

  • イカさん登場。

全15件中 1 - 10件を表示

プロフィール

詩人・エッセイスト。作詞家としてデビュー。その後、詩人として数々のロングセラー詩集を発表。エッセイ・シリーズ「つれづれノート」が好評を得る。

「2018年 『空へブーンと。 つれづれノート33』 で使われていた紹介文から引用しています。」

気分よく流れる―つれづれノート〈7〉 (角川文庫)のその他の作品

銀色夏生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする