散歩とおやつ―つれづれノート〈8〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.35
  • (16)
  • (19)
  • (98)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 293
感想 : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041673386

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これからは…というか今は…というか、基本的には、人は、
    自分の力でしあわせにならなければダメだと思う。
    どんな意味のどんな形のしあわせかは人それぞれだから、
    自分だけがわかっていればいいのだと思う。
    そのことを大切にして生きていくことが大事だと思う。
    人生を楽しむのは簡単なことだと思う。素朴な気持ちになった時に、
    価値があると感じだものを大事にしたらいいのだと思う。
    思ってるより、いいことはたくさんあるのだと思う。

    200頁

    銀色さん赤ちゃん生まれました。おめでたいづくしだね。
    イカさんの絵がかわいい イカリング

  • 再婚、妊娠、出産の一年。新たな展開とあーぼうの成長が微笑ましく、心地よかった。

  • わかる人には楽しいだろうけど、内輪話が多くて、よくわからなかった。

  • 1999年10月読了。

  • さくくんの妊娠時期から出産後まもなくまでの期間のつれづれ。妊婦でも旅行したりアクティブというか無謀な銀色さん。身体にはきつかったのか、入院もしてしまいます。なにはともあれ、さくくんの無事な出産!よかったですね。赤ちゃん時代からさくくんはカワイイですね。

  • 再読。
    イカちんとの離婚の顛末を知りつつ、じっくり読むと、この頃から我慢していたんだなあとしみじみ。

  • 初めて読んだ銀色作品は何故かこの、つれづれノート8だった。こうゆう本が大好きだった中学時代。

  • 大人になると、生きるということと健康であることの間にどんどん近付いてくる。だんだん大人になってくると健康でないと格好悪いことになると気が付いていくる。
    人ととして生まれてきたからには、自分以外の第三者と深くかかわることが、生きる喜びで、生きがいのあることだろうと思う。

  • 98年5月16日〜99年5月11日
    3月3日にさくが生まれ、
    かんちゃんもついに小学校へ。

  • いろいろなところに出かけていて、すごく楽しそう。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

詩人・エッセイスト。作詞家としてデビュー。その後、詩人として数々のロングセラー詩集を発表。エッセイ・シリーズ「つれづれノート」が好評を得る。

「2022年 『庭は私の秘密基地』 で使われていた紹介文から引用しています。」

銀色夏生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
銀色 夏生
川上 弘美
村上 春樹
吉本ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×