ぶつかり体験記 (角川文庫)

著者 :
制作 : 銀色 夏生 
  • 角川書店
3.20
  • (6)
  • (9)
  • (50)
  • (3)
  • (2)
  • 本棚登録 :114
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041673492

作品紹介・あらすじ

座禅、前世療法、断食ホテル…いろいろとぶつかってみました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 写経、前世療法、断食など

  • 絶食したくなります。
    こういうところにゆかないと、自分はそういうことできないなぁとも思う。

  • 色々不思議なところへ行って色々体験してるけど、なんとなくそんなのも楽しそうでやってみたい気がした。

  • とても好奇心旺盛な人だと思う。そして、行動力もすごい。私だったら「なんか胡散臭い」と気にはなってもこんなにぶつかれないだろう。また、お金にも余裕のある人だ。私だったらやはり「なんか胡散臭い」と言ってお金を出し渋ってしまうだろう。こんなふうに好奇心のままに行動することができたら、きっといろんなことを楽しめるだろうと思う。私もやってみたい。……前世療法は、やめておこう。

  • 興味はあるけど覗いて見たらやっぱ大嫌い!!! というのが共感です。
    銀色さんにはアンチ自己啓発、アンチ精神世界なスタンスをこれからも貫いてまた体験してきてほしいです。

  • ぶつかりまくりでも、興味赴くまま行動!それこそ結果を伴う

  • 前世療法12万!?
    読むだけで、自分もプチ体験した気になれた。

  • 普通じゃ絶対体験しないようなこと、普通じゃ絶対お金をかけられないようなことに体当たりでぶつかっていく銀色さん。
    そんな銀色さんは、普通なようで、普通じゃなくて、そんな姿勢がいつでも素敵。

  • 催眠療法のおじさん、あやしくて、話し方も変で思わず笑った。

  • 催眠療法のおじさんの話が面白かった。
    銀色さん=詩のイメージが強かったけど、
    結構チャレンジャーだなと思った。

全20件中 1 - 10件を表示

ぶつかり体験記 (角川文庫)のその他の作品

銀色夏生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ぶつかり体験記 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする