女っておもしろい (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.95
  • (4)
  • (4)
  • (35)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 111
感想 : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041673614

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2012年5月5日(土)、読了。

  • 他人の会話をずっと聞いている感じ。
    こういうのもアリかな、と。

  • 二人のおしゃべりを文字に起こした、エッセイでも対談でもないモノ。

    二人の会話を読み進んでいると、気がついた。
    この二人は、子供がいて、もうお母さんなのだけど、お母さんになる以前からの「女」である自分も確立して、きちんと両立しているんだなぁ、と。

    だから、こんなにステキなんだ。

    波乱万丈な人生の荒波を、スイスイと乗りこなしている。
    時にはつまづくこともあるけれど、そのつまづきもストンと自分の一部に取り込んでる。

    すごいなぁ。

    お二人の言葉じゃないのだけど、「セックスは食事することと同じことなのよ」という言葉。
    なるほどなぁ、と思った。

    ほんと、女っておもしろい生き物なのよね。

  • トゥトゥさんの強さ。

  • 人生を楽しんだ者勝ちってところかな。

  • THE自由。

  • いつでも恋してる前向きな女の人トゥトゥ。と、銀色さんのおしゃべり。ほんとに女っておもしろいなーって思った。ここまであっけらかんと、さばさばと後くされなく人生を楽しめるっていいなーって思いました。だって子供ができちゃったのに「責任とれないから」ってどっかいっちゃった男の人を「そんなもんだよね」みたいな雰囲気で思えて、さらに「でも子供ができてよかった」って思えるトゥトゥさんてほんとすごい。

  • 装丁がかわいい。
    いつか自分もこんな境地までいくのかな?
    それはない、はず。

  • 雑誌感覚で一気に読破。面白かった。共感できる部分多数。

  • たわいもない会話。これといって興味のない話題。もっと破天荒に生きてる女の人もいるはず。女って、もっとおもしろいはず。。。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

詩人・エッセイスト。作詞家としてデビュー。その後、詩人として数々のロングセラー詩集を発表。エッセイ・シリーズ「つれづれノート」が好評を得る。

「2022年 『庭は私の秘密基地』 で使われていた紹介文から引用しています。」

銀色夏生の作品

ツイートする
×