銀色ナイフ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.31
  • (16)
  • (29)
  • (74)
  • (11)
  • (4)
本棚登録 : 315
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (415ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041673669

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読。

  • 何ウダウダ言ってんだと思いつつ、考え方としては割と共感するものもある。

  • 銀色夏生という人を知らないまま、なんとなく惹かれて購入。
    共感できる部分が多く、こういう考え方でもいいんだよなぁ、と自分を見つめ直すいい機会になりました。
    辛口だけれど、個人的には読んでいて気持ちがよかったです。
    普段言えないことを代弁してもらえたような気がして。

  • エッセイ やや辛口

    ふわふわとした切ない詩を書く人とは思えないほど現実派

    その割に可愛い・・・。

    価値観が知り合いに似ていて、とても親近感がわいた。

    また読むと思う。

  • 決まったテーマはなく、著者の日々の想いを馳せた日記のようなエッセイ。2行で終わるものもあれば、数ページにわたるものまで。人との関わりや価値観に関することが多い。独自のスタンスでばっさり切りこんでくる。辛口派。私は同調できる面が多くてよかった。

    買ったのは2,3年前。タイトル買いで、当時はそんな読書家でもなくエッセイなんて数えるほどしか読んだことない状態だったから、この本の読み方や良さが理解できず早々頓挫しちゃったみたい。図書館借りも一息ついて自宅の本棚を眺めてたら目について読んでみた。今思うと、いい出会いをしてたんだな~。もっと早くにちゃんと読んでればと思う反面、今だからこそ自分にしっくり効くんだろうなぁと前向きに思える。

  • この本を買うまで、銀色夏生なる人を全く知らなかった。男か女か、本職は何か、どんな話し方で、どんな性格なのか?
    ひととなりを全く知らない人のエッセイを読み始めると文章がどうにでも読める。誤解とか曲解の類かな。
    1/5ぐらいまで読んだ段階では、作者は自信過剰。自分は全てを悟っているかの様な言動多め。周りの人の迷惑なんて考えず自分勝手。家族を疎んでいるという印象だった。
    だけどどうも違う。読み進めるとどうも自分の誤解らしいことに気付く。
    あくまで、「私はそう思う、考える」ということを「そう思う、考える」と率直に書いているだけ。
    周りの人にもちゃんと気を使っているし、家族を疎んでもいない感じ。まあ、これも個人的見解だけど。
    自分とは違う考え方を知ることによって見えるものってあるんだなあ・・・と実感できた1冊。

  • 共感したり、しなかったり、納得したり、ん?と思ったり。

  • 読んでいて頷くことも多々あり。
    爽快な気分になれる部分も多かった。

  • 久しぶりに読んだエッセイ集でした。共感できるとこもあったし、共感できないとこもあって、色んな考えの人がいるんだなーと思った。

  • 110127*読了

    銀色夏生さんのことを、本当につい最近まで男の人だと思っていました。それも高齢のおじいさんのようなおじさんのような人で、自然と共生していく生活を好む、やわらかい雰囲気の人かと。
    よしもとばななさんの昔のエッセイを読んで、銀色夏生さんが女性であることを知りました。本屋さんでよく見かける名前なので、エッセイストであることは知っていて、著作もずっと読んでみたかったのですが、やっとご縁があって読むことができました。そんな銀色夏生さんとのはじめましてがこの本です。
    やわらかい雰囲気のおじさん、とは全く違っていて、鋭く厳しくご自分の意見をぽんぽんと並べられていて、読んでいて気持ちがよかったです。こんなにスパッと切れ味よく意見を貫きとおすことって難しいと思うので。そして自分にはできないことだと思うので。
    わたしは銀色夏生さんのような方が好きですが、銀色夏生さんともしお会いできても、わたしは嫌われるような気がします。永遠の片想いです。
    銀色夏生さんのことばには嘘がなくて、とっても厳しいんだけど、一方ですごく優しくもあります。真の強さ、優しさってこういうことだと思う。甘やかさない優しさ。そして人との距離。
    愛されたいと願ってしまうわたしには、驚くような視点を持たれていて、とても惹かれます。新しい物事の見方を教わりました。
    わたしがおじさんと勘違いしたきっかけの、つれづれノートも読みたいです。

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

詩人・エッセイスト。作詞家としてデビュー。その後、詩人として数々のロングセラー詩集を発表。エッセイ・シリーズ「つれづれノート」が好評を得る。

「2018年 『空へブーンと。 つれづれノート33』 で使われていた紹介文から引用しています。」

銀色ナイフ (角川文庫)のその他の作品

銀色ナイフ (角川文庫) Kindle版 銀色ナイフ (角川文庫) 銀色夏生

銀色夏生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

銀色ナイフ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする