セドナへのスピリチュアルな旅 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.00
  • (3)
  • (9)
  • (14)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 117
感想 : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041673744

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • スピリチュアルなパワースポットを求めてセドナへ向かった銀色さんだったが、同行した二人の編集者さんとの交流がメインになっているようで面白かった。
    まったく焦らずに旅を楽しんでいる様子が羨ましかったな。自分は貧乏性なので、あれもこれもやらなきゃという感じでせかせかしてしまうことが多い。銀色さんのスタイルは余裕があるというか、他人の行動に左右されないというか、マイペースでどっしりとしていて素敵だった。

    強いエネルギーが集まる渦のような場所を「ボルテックス」と呼び、いくつかのボルテックスを巡る旅の話だったけど、銀色さん自体が魅力のある人や出来事、言葉なんかを集める渦みたいな存在なんじゃないかと思った。ボルテックス人間。吸引力といえばいいのだろうか。そういう人っているよね。

    セドナ。砂漠にそびえる赤茶けた大岩、スピリチュアルなネイティブアメリカン。アニメ『カウボーイ・ビバップ』の占い師のイメージで読んだけど、ちょっと違うのかな。行ってみたいなあ、セドナ。

  • 相川七瀬がすごく役立っていることがなんか面白い(笑)全体的にとても読みやすい。
    「ここに今、生きている以上は、生きているという驚異に気づいていたい」
    「どうせ生きるなら、すべてに心をこめて生きたい」
    ステキな言葉だと思った。

  • スピリチュアルといいつつ、いつもの銀色さん本。パワースポットは病んでる人が癒されにくるのだから、セドナの大半の人は病んでる、とか…(笑)この視点というか、雰囲気がやっぱり好き。

  • グランドキャニオンに行った私は、それに似て、異なるセドナの風景に興味があったので読みました。


    けど、べつになにがなんでもいかなくていーかなー。と思った。


    わたし自身本質のない物事を信じることがあまり好きではないし、そういうのを気にする習慣もないので『パワースポット』『スピリチュアル』というのも眉唾ものに感じてました。


    その疑問をこの本が応えてくれた気がする。手放しでスピリチュアルを褒めてない、ぶっちゃけた感想が書いてあるのがいいと思いました。


    ライトな紀行文として読めば★4つ。旅仲間に恵まれて楽しそうだったので。


    しかし、セドナに行きたくて気になってる人からの評価とすれば★2つ?(ぶっちゃけた感じがわたしとしては満足でした)


    セドナの写真は良かったです。ちなみにこれを読むまで銀色夏生さんは名前から勝手に男性と推察しておりましたw

  • いいですね、この、気の置けない雰囲気。こういう、いいことも悪いことも共有できる人と行く旅は楽しいです。銀色さん読むとスピリチュアルへの関心が高まる。

  • 最初の半分は旅の写真、後半に旅エッセイといった内容。
    セドナ、いいですねセドナ。
    相川七瀬も行ったことがあって本を出してるらしく、それを結構参考にして回っているのがちょっと面白かった。

  • 最近、流行り?のスピリチュアル。が、私はスピリチュアルについては無知なので普通の旅行記として読みました。

    編集者の方との旅で、家族旅行のような気だるさはなく、気分よく過されたんじゃないかな。以前のつれづれ?で、乾燥した気候の植物が好きと書かれていましたが、カラリとした空気の中で、風になびくような植物が綺麗です。

  • スピリチュアルとは程遠い?けど、解放感ある世界観が良かった。

  • 再読。
    パワースポットブームで話題のセドナも銀色さんにかかれば・・・。

  • 全然スピリチュアルを感じない銀色さんの正直さはアリだと思いました(笑)

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

詩人・エッセイスト。作詞家としてデビュー。その後、詩人として数々のロングセラー詩集を発表。エッセイ・シリーズ「つれづれノート」が好評を得る。

「2022年 『庭は私の秘密基地』 で使われていた紹介文から引用しています。」

銀色夏生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしもと ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×