出航だよ つれづれノート(19) (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.19
  • (8)
  • (15)
  • (22)
  • (8)
  • (6)
本棚登録 : 231
感想 : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (477ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041673782

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • つれづれのおもしろいところのひとつは、数年前のを読み返した時の今とのリンク具合だ。
    この本は他の人が話している部分があって、本人の文と違うから読みにくいと思えるかもしれないけど、今につながるキーワードがでてくる。
    それに気づいてニヤリとするのがやめられない。

  • つれづれシリーズ、ずっと読んでいます。
    これは、一番タイトルが好きなので選んでみました。

    これから変わっていくのが自分でも分かる、という銀色さん。
    どう進化されるのか、またつれづれで教えてくれるはず。

    私は最近の丸くなった銀色さんの文章が、かなり好きです。
    前はちょっと、意地悪な部分が読んでいて辛かったので。

  • つれづれノート、今まで読み続けて来たけど・・・

    途中で読むのをやめてしまった


    別にきらいになったわけじゃないんだけど

    なかなかページが進まなくって


    精神世界についての考えかたもいやじゃないし

    逆にあたしもそう思うって同調はできるんだけど・・・

    日常の暮らし(かんちゃん、さくくんのこととか、食事のこととか)を軽快に読んでいくのがおもしろかったんだなーと


    また気が向いたら少しづつ読むかもしれない

  • 銀色さん自身、
    自分の作品は素人の域を出ないと思った
    と最初の方のつれづれで言ってたし、私も銀色さんに高い芸術性は求めてないので
    メールもスピ系も別に違和感なく「銀色さん、こんな事考えてるんだー」って思って読みました。

    長くやってて変化があるのは当然なので気にしないです。
    類は友を呼ぶ、銀色さんが何でもありの雑食系人間なのでファンも同じタイプでないと添い遂げる事は無理なのかなあ。
    でも次の「しげ田ん」がせっせの文っていうのは…
    立ち読みして買うか決めます。

  • 何でそんなに彼氏が欲しいのかわからん。新しく出会う男の人を、いつもそういう目で見ている感じがする。

  • アマゾンで酷評のレビューが多かったけれど、自分はそんなにひどくは感じなかった。むしろ前回より良かったのではないかと。スピリチュアルにハマっているわけもきちんと書いてあるし、納得の理由だ。今回はのめり込むだけでなく、ちょっと醒めたところもあり、本の中盤あたりの、スピリチュアルなセミナーに行った時の人物観察が面白すぎて爆笑した。特にヨーダおばさまね。この手の人物観察は最近のつれづれではなかったので久しぶりに面白く思った。銀色さんって何かに参加しながらも、1歩引いた、ちょっと悪い言い方だけど小馬鹿にしたような観察眼が異様に冴えた人だと思う。
    というわけでアマゾンのレビューで言われているほどひどくはないですよ、この本。

  • いい部分がたくさんあったので、抜粋してメモに。

  • うーん。やっぱりついつい読んでしまう。みんなついつい読んでしまうのだろうなと思う。しかし、さくくんがかわいいなあと。ともかく、前回が下降だったとすると今回は上昇であり、読んでいて楽しかったかな。でも、ネガティブなことが書いていないからそう思うだけかもしれない。

  • はやっ!もう次が出たのか。

  • つれづれノートも19冊目です。

    前号18巻に引き続き、銀色さんがひとつ違うステージに向かおうとしている様が読み取れる一冊となっており、だんだんとスピリチュアル色が出てきています。



    某サイトのコメント欄では、18巻19巻の反応はかなり荒れているようで、以前のほうがよかった、どうして….?などのコメントが数多く見られます。うーん。



    スピな話、というものはあまりそちらに興味がない人々からすると、とても違和感を感じてしまうことのようで、すわ新興宗教なのか?って目でみられがちですね。一般的なコメントには、そういったニュアンスのものもけっこう多く見られています。

    銀色さんご本人も、まだ発展途上中なので、つかみかけてはいらっしゃるんでしょうけど、それが上手く読者さんに伝わっていないかな……という感じがします。ご本人のいいたいことはとてもよくわかるのですが。



    以前はいろいろなことがあって、イライラされた部分とか批判とかも書いていらっしゃって、シャープな面も見せられていた方でしたが、前号あたりより、まるくなられていらっしゃるなぁと思いますね。お子さんを見る視点もかわってきたのでしょうし、お子さんがたもまた成長していますし。そして、自分をよい方向に「変えたい」と思うときには、そのめざすベクトル方向に近いひとたちにひかれていくのも無理はないんではないかなと。

    皆さんのおっしゃる、媚のあるような感じとかメールの転記、というのもこのあたりなのでしょうか。



    よしもとばななさんも、けっこうご自分の身近な方々との交流とかお褒め言葉を多く綴られていますが、個人的にはちょっと「よしもとさんに近い感じになったのでは?」という印象を受けました。それが長年の読者さんからすると「置いてきぼり」感なのでしょうね。



    最近、銀色さんがツィッターを始められましたが、これもけっこう、そういう反響があったからこそ、自分のリアルタイムなナマ声をきいてほしいから始められたんではないかしら、と思ってしまいました。

    決して、読者さんをないがしろにはしてないと思いますよ。



    ファンのみなさんが、かたくなにならずに、おおらかな気持ちでとびこんでいかれるならば、きっと銀色さんは耳を傾けてくださるでしょうし、何かを返してくださると思います。



    すくなくとも、銀色さんはスピリチュアルな向上を目指してらっしゃるのですから。



    完璧な人間はいません。

    どなたにも弱い部分や欠点があります。

    彼女も、それを知っている上で、自分を高めようと努力してらっしゃると思うのです。

    だからといって、今がカンペキな訳ではないのですから、読み手のほうもあまり特別に理想を求めすぎないで読まれたほうがいいと思うんですけど…….ファンの身になると、それも難しい話なのでしょうか?

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

詩人・エッセイスト。作詞家としてデビュー。その後、詩人として数々のロングセラー詩集を発表。エッセイ・シリーズ「つれづれノート」が好評を得る。

「2022年 『庭は私の秘密基地』 で使われていた紹介文から引用しています。」

銀色夏生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
よしもと ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×