殺人者は二度ノックする―カフェバー「クロ」の殺人調書2 (角川文庫―ミスティガール紅子)

著者 : 青柳友子
  • 角川書店 (1987年11月発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041676028

殺人者は二度ノックする―カフェバー「クロ」の殺人調書2 (角川文庫―ミスティガール紅子)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イメージ参照(http://kentuku902.seesaa.net/article/387156085.html)
    (収録作品)殺人者は二度ノックする/バラのイレズミの女/全ては夜に始まる/桜肉はいかが/女が髪型を変えるとき

  • 夜の9時。乃木坂のカフェバー「クロ」。入ってきたのは、1930年代風の黒いレースのミディ・ドレスに身を包んだとびきりのいい女、ミスティ・ガール紅子。年商10億を越える優良企業、平岡事務所社長・平岡ハルの世を忍ぶ仮の姿。紅子の好きなのはカンパリのペリエ割り、オトコ、殺人事件―。今夜も紅子は事件に挑む。ひとり暮らしのOL・菜佳子がマンションで死亡していたのは不倫清算の自殺か、自殺を装った完全犯罪か?名探偵・紅子が活躍するミステリー5編を収録。

    <収録作品>
    殺人者は二度ノックする*バラのイレズミの女*全ては夜に始まる*桜肉はいかが*女が髪型を変えるとき

    角川文庫(1987.11)

全3件中 1 - 3件を表示

青柳友子の作品

殺人者は二度ノックする―カフェバー「クロ」の殺人調書2 (角川文庫―ミスティガール紅子)はこんな本です

殺人者は二度ノックする―カフェバー「クロ」の殺人調書2 (角川文庫―ミスティガール紅子)を本棚に登録しているひと

ツイートする