夢の地平―GLAYツアー・ドキュメント・ストーリー (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.67
  • (4)
  • (0)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041687062

作品紹介・あらすじ

'98年4〜7月に行われた「"pure soul"TOUR'98」、そして8〜9月に行われた「pure soul in STADIUM"SUMMER of '98"」。「現象を伝説に変えたい」-。その言葉どおり'98年、GLAYは"伝説"を作り上げた。このロング・ツアーを追ったドキュメント・ストーリー「夢の地平」が文庫として復活。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 98年のpuresoulツアーのドキュメント。
    死ぬほどビデオを観ただけに、どこを読んでもシーンが浮かぶ。
    その後の活躍と環境の変化と答え合わせをすると、ロック少年期の終わり、という総括は的確だ。
    無邪気でいられた最後の時代の輝き。とても儚いが、それだけに色褪せない。僕はこの頃のGLAYが今でも好きだ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1946年、千葉県生まれ。中央大学法学部政治学科卒。69年「新宿プレイマップ」創刊編集者を皮切りに「セイ!ヤング」などラジオ番組の放送作家を経て音楽評論家、ノンフィクション作家、音楽番組パーソナリティとして活躍中。著書に『陽のあたる場所 浜田省吾ストーリー』『オン・ザ・ロード・アゲイン』『読む J-POP 1945-1999 私的全史』『GLAY DOCUMENT STORY 2001-2002 夢の絆』『吉田拓郎 終わりなき日々』『KYOSUKE HIMURO since 1988』などがある。

「2021年 『風街とデラシネ 作詞家・松本隆の50年』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田家秀樹の作品

ツイートする
×