陽のあたる場所 浜田省吾ストーリー (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
4.88
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (443ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041687079

作品紹介・あらすじ

浜田省吾、1952年12月29日午前9時、広島県竹原市に生まれる。転校した時に、まず自分をアピールするのに最も有効なのは、一番強い奴と喧嘩して勝つことだと身をもって体験している彼は、少なくとも校内の喧嘩では負けたことがなかった。売られた喧嘩はすべて買う。腕力で負けても気力で勝つ。そんな少年だった-。現在、日本の音楽シーンの頂点に立つ浜田省吾の青春の軌跡を克明に追った、感動のドキュメント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2008年に出版された浜田省吾の軌跡を描いた本である。
    これまで出された浜田省吾のアルバムはすべて持っているが、そのアルバムが出された時のエピソードや、

    彼が訴えたかったこと・・等々を改めて読んでみると、まだ一段とアルバムの楽曲に深みが出てくる。
    (この本ではデビューから、アルバム「J-Boy」くらいまでではあるが)

    また、浜田省吾の半生・・父親の事、学校のこと。様々なストレスと、やり場の無い怒り・・。
    そして吉田拓郎との接点など。人間:浜田省吾を知れば知るほど、音楽が聴きたくなってくるね。

  • この本を読めば浜田省吾さんの全てが分かります。

    ファンの方も、そうでない方も楽しめる一冊です!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1946年、千葉県生まれ。中央大学法学部政治学科卒。69年「新宿プレイマップ」創刊編集者を皮切りに「セイ!ヤング」などラジオ番組の放送作家を経て音楽評論家、ノンフィクション作家、音楽番組パーソナリティとして活躍中。著書に『陽のあたる場所 浜田省吾ストーリー』『オン・ザ・ロード・アゲイン』『読む J-POP 1945-1999 私的全史』『GLAY DOCUMENT STORY 2001-2002 夢の絆』『吉田拓郎 終わりなき日々』『KYOSUKE HIMURO since 1988』などがある。

「2021年 『風街とデラシネ 作詞家・松本隆の50年』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田家秀樹の作品

ツイートする
×