豊かなる日々 吉田拓郎 奇跡の復活 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041687086

作品紹介・あらすじ

まさに青天の霹靂だった-。2003年3月、コンサートツアーを控えた検査入院で発見された肺腫瘍。医師から癌と告げられたその日は57歳の誕生日だった。告知から、摘出手術、そして復活。その後、吉田拓郎は、念願のフルオーケストラを率いた全国ツアーを大成功させる。その復活の軌跡を、綿密な周辺取材と、繰り返し行われたインタビューで綴った迫真のドキュメンタリー。2009年の「最後の旅」への道標ともいえる感動の1冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2003年5月28日から7月13日までの間、全国8ケ所で吉田拓郎は11回のコンサートツアーを行う予定であった。ツアーを控え身体のチェックを行う中で、肺にガンが見つかる。4月5日にガンであるとの診断をうけ、4月9日にガンの手術を行った。幸いなことに、ガンは超早期の発見であり、肺の患部の切除箇所もすごく大きいという訳ではなかった。が、それでも、歌手にとっての肺は喉と同じく致命的に重要な場所だ。肺の機能が十分でないと、歌っている間に息が切れてしまい、歌にならない。
    予定されていたコンサートツアーは、いったんキャンセルとなったが、手術から約1ケ月後の5月6日に、新しいスケジュールが発表になった。同じく、全国8ケ所で11回のコンサートを行う。皮切りは10月19日の東京国際フォーラムでと発表された。手術後、吉田拓郎は肺の機能を回復させるための運動トレーニングを始めていたが、実際には歌える状態ではなかった。
    その後、吉田拓郎は、念願のフルオーケストラを率いた全国ツアーを大成功させる。何とか肺のリハビリが間に合ったのだ。本書は、その復活の軌跡を描いたノンフィクション。密着取材と吉田拓郎へのインタビューによって、迫力のあるノンフィクションになっている。特にツアーが始まって以降の拓郎の姿や、コンサートの様子の描写は感動的だった。

    私が吉田拓郎を最も聞いていたのは、中学校・高校時代。最近また吉田拓郎をよく聞くようになったが、聞くアルバムは、この2003年頃のものではなく、中学校・高校の頃によく聞いていたもの。「その後の吉田拓郎」は、あまり聞かなかった。また、吉田拓郎がガンの手術をしたことは知っていたが、それに関連してこのようなドラマがあったことはほとんど何も知らなかった。
    中学・高校時代以降のものを含めて、もう一度、吉田拓郎を聴き直してみようと思わせる本だった。

  • 2003年3月、検査入院で発見された肺腫瘍。
    医師から癌と告げられた、57歳の誕生日。
    告知から、復活。
    フルオーケストラを率いた全国ツアーの大成功への軌跡を追ったドキュメンタリーです。
    居酒屋拓郎のマスターも出てきました。
    改めて読んでみて、やはり感動しました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1946年、千葉県生まれ。中央大学法学部政治学科卒。69年「新宿プレイマップ」創刊編集者を皮切りに「セイ!ヤング」などラジオ番組の放送作家を経て音楽評論家、ノンフィクション作家、音楽番組パーソナリティとして活躍中。著書に『陽のあたる場所 浜田省吾ストーリー』『オン・ザ・ロード・アゲイン』『読む J-POP 1945-1999 私的全史』『GLAY DOCUMENT STORY 2001-2002 夢の絆』『吉田拓郎 終わりなき日々』『KYOSUKE HIMURO since 1988』などがある。

「2021年 『風街とデラシネ 作詞家・松本隆の50年』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田家秀樹の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×