帝都物語〈5 魔王篇〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.53
  • (7)
  • (7)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :84
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041690055

作品紹介・あらすじ

帝都完全崩壊を策した怪人、加藤保憲は"将門の霊"との闘いに敗れ、満州へと去った。世情は軍部の圧力が強くなっていた。その最中、血気盛んな青年将校らを背後から操る怪しげな思想家がいた。北一輝。法華経を信奉し、不敵にも"昭和維新"を企んでいた。そして遂に、"霊告"は下り、昭和11年、2.26の日を迎えたのだった…。サイキック伝奇長編小説第5弾、戦前篇完結!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 北一輝が怪しすぎる!ついに二・二六事件が…!そしてフリーメーソンが!怪しい建物とか!ゾルゲとか!もう一気にきな臭くなりました。雪子が大きくなってなんかほっとした。そして洋一郎はかわいそうな人だった。

  • 著者、寺田寅彦と幸田露伴が好きなのか扱いがいい。
    下衆な官僚辰宮には鉄槌が下るのはいいが、雪子の恋愛沙汰といい中途半端。加藤は表立って活躍しないし、歴史上の人物を絡めるのはいいが使い捨てていくばかりで、物語として深みがない巻だった。

全4件中 1 - 4件を表示

帝都物語〈5 魔王篇〉 (角川文庫)のその他の作品

荒俣宏の作品

帝都物語〈5 魔王篇〉 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする