帝都物語〈7 百鬼夜行(ひゃっきやぎょう)篇〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.46
  • (5)
  • (10)
  • (25)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 118
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041690079

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東京中に建てられた二宮金次郎像、偉人達の銅像に続き、桜が地霊たちを封じる要となる。夥しい屍を地にいだき、東京の桜は咲き誇る。
    戦後、アメリカの傘下で過渡期を迎える日本。学生や機動隊達と共に暴れる悪鬼の姿は妖怪達最後のあがきのように思える。
    東京はいくら破壊されようとも不死鳥のように甦る。そんな護られた地を相手にする加藤は少し気の毒だ。

  • 1960年代、安保闘争の時代を描く。大蔵省官吏・平岡は作家・三島由紀夫としての地位を確立するも、文壇とは一線を画して国粋主義へと傾倒。そこに魔人・加藤がつけ込む。極左側には邪眼を持つドルジェフが合流し、東京破壊に手を貸す。既に終戦直後から地下の魑魅魍魎は地上に這い出し、加藤が放った式神ともども人間どもを無差別に攻撃しているのだが……平将門を護る目方恵子が将門の眠りを妨げるドルジェフに死を決して挑むのを黙認する加藤は、この物語の単なる悪役ではなくダークヒーローである。

  • 帝都物語〈7 百鬼夜行(ひゃっきやぎょう)篇〉 (角川文庫)

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1947年東京都生まれ。博物学者、小説家、翻訳家、妖怪研究家、タレント。慶應義塾大学法学部卒業。大学卒業後は日魯漁業に入社し、コンピュータ・プログラマーとして働きながら、団精二のペンネームで英米の怪奇幻想文学の翻訳・評論活動を始める。80年代に入り『月刊小説王』(角川書店)で連載した、もてるオカルトの叡智を結集した初の小説『帝都物語』が350万部を超え、映画化もされる大ベストセラーとなった。『アラマタヒロシの妖怪にされちゃったモノ事典』(弊社)、『世界大博物図鑑』(平凡社)、『荒俣宏コレクション』(集英社)など博物学、図像学関係の本も含めて著書、共著、訳書多数。

「2021年 『アラマタヒロシの日本全国妖怪マップ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒俣宏の作品

ツイートする
×