帝都物語〈8 未来宮篇〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.51
  • (5)
  • (9)
  • (23)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041690086

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 帝都物語〈8 未来宮篇〉 (角川文庫)

  • 前回から一挙に時間が飛んで、昭和69年というありえない未来の話に。

    三島の自死の真相が語られる。
    著者は恵子がお気に入りなのか、それとも、人気があるのでむりやり出さされているのか。前巻で亡くなったと思っていたので意外だったし、今巻でも死んだと思ったのに、また死に場があるようなめんどうな展開。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1947年、東京都生まれ。作家、翻訳家、博物学者、幻想文学研究家として、多彩な執筆活動を行う。シリーズで350万部を超える代表作『帝都物語』(角川書店)で日本SF大賞受賞。『世界大博物図鑑』全7巻(平凡社)ではサントリー学芸賞を受賞。おもな監修・著書に『モノのはじまりえほん』(日本図書センター)、『日本まんが』全3巻(東海大学出版部)、『すごい人のすごい話』(イースト・プレス)、『サイエンス異人伝』(講談社)、『江戸の幽明』(朝日新聞出版)など多数。

「2018年 『しらべる・くらべる・おぼえるチカラが身につく! うんこ図鑑』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒俣宏の作品

ツイートする