帝都物語〈8 未来宮篇〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.56
  • (7)
  • (10)
  • (26)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 119
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041690086

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昭和30~40年代から一気に昭和70年。本作が昭和62年に刊行されているので、当時は未来のことであり、副題〈未来宮篇〉とされているのだが、21世紀のいま読むと、未来を描くSFの難しさを感じる。それはそれとして、魔人・加藤は海竜を目覚めさせようとしている。年老いた目方恵子は死を目前に、次代の神子を育てることができるのか? 自衛隊市ヶ谷駐屯地で起きた三島事件に、黄泉下りという虚構を混ぜて物語は進展する。鳴滝老人が地下に建設したミニ銀座に囚われた辰宮由佳理の魂は、安らぎを得られるのだろうか?

  • データ上の東京(セカンドワールド)の概念がこの巻で登場。作者はプログラマだったのね。
    作者自身がモデルと思われるオカルト作家も登場。三島は死後も活躍あるの良いな。

  • 帝都物語〈8 未来宮篇〉 (角川文庫)

  • 前回から一挙に時間が飛んで、昭和69年というありえない未来の話に。

    三島の自死の真相が語られる。
    著者は恵子がお気に入りなのか、それとも、人気があるのでむりやり出さされているのか。前巻で亡くなったと思っていたので意外だったし、今巻でも死んだと思ったのに、また死に場があるようなめんどうな展開。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1947年東京都生まれ。博物学者、小説家、翻訳家、妖怪研究家、タレント。慶應義塾大学法学部卒業。大学卒業後は日魯漁業に入社し、コンピュータ・プログラマーとして働きながら、団精二のペンネームで英米の怪奇幻想文学の翻訳・評論活動を始める。80年代に入り『月刊小説王』(角川書店)で連載した、もてるオカルトの叡智を結集した初の小説『帝都物語』が350万部を超え、映画化もされる大ベストセラーとなった。『アラマタヒロシの妖怪にされちゃったモノ事典』(弊社)、『世界大博物図鑑』(平凡社)、『荒俣宏コレクション』(集英社)など博物学、図像学関係の本も含めて著書、共著、訳書多数。

「2021年 『アラマタヒロシの日本全国妖怪マップ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒俣宏の作品

ツイートする
×