帝都物語〈11 戦争(ウォーズ)篇〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.44
  • (3)
  • (9)
  • (22)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 101
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041690116

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 物語の時代順から言えば5巻魔王篇の次に来るべき巻。敗戦を目前にした昭和20年の上半期、本土空襲を受ける中、霊的防衛によって起死回生を目論む人々と、戦前から帝都に巣食っていたメソニックの勢力とがぶつかり、そこへもう狂言回しとしか言えない加藤保憲が颯爽と現れる。
    この巻には甘粕正彦や大谷光瑞などの役者達が描かれるが、なんだかんだで最後全部加藤が持ってったみたいな印象を持ってしまった。

    併録のサブリミナル小説「解放されるトマーゾ」が、すごく読みやすくまとまった短編で、娯楽小説としての帝都物語とはまったく違う文学的な印象を受けた。
    この短編のトマーゾと本編のトマーゾが地続きの同じ人物というのが面白い。

  • 帝都物語〈11 戦争(ウォーズ)篇〉 (角川文庫)

  •  トマーゾが怪しい上に、大谷光瑞猊下もなんだけど、フォーマーが付くイケメンで、かたや生きてるのがアレな人、かたやすでぶと言ふのがなんといふか。
     正木晃先生の本で、昭和20年当時ルーズベルトを調伏せんとした方はゐらっしゃったさうである。へー。
     えー、雷が落ちるとビビる元探検家の坊さん!!それを膝で受け止めて慰める美少年!!なんか異様!!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1947年東京都生まれ。博物学者、小説家、翻訳家、妖怪研究家、タレント。慶應義塾大学法学部卒業。大学卒業後は日魯漁業に入社し、コンピュータ・プログラマーとして働きながら、団精二のペンネームで英米の怪奇幻想文学の翻訳・評論活動を始める。80年代に入り『月刊小説王』(角川書店)で連載した、もてるオカルトの叡智を結集した初の小説『帝都物語』が350万部を超え、映画化もされる大ベストセラーとなった。『アラマタヒロシの妖怪にされちゃったモノ事典』(弊社)、『世界大博物図鑑』(平凡社)、『荒俣宏コレクション』(集英社)など博物学、図像学関係の本も含めて著書、共著、訳書多数。

「2021年 『アラマタヒロシの日本全国妖怪マップ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒俣宏の作品

ツイートする
×