新宿チャンスン (角川ホラー文庫―シム・フースイversion 3.0)

著者 :
  • 角川書店
3.28
  • (3)
  • (7)
  • (28)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 101
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041690239

作品紹介・あらすじ

現代建築の枠を結集した双頭の摩天楼・新都庁舎。凍てついた夜、この工事現場で魔除け柱が掘り返させた。その瞬間、封印されていた怨念が息を吹き返す-。工事中に続発する事故。地下水の噴流。怪火。そして、遂には作業員までもが消息不明に。都庁職員の要請で、風水師黒田龍人とミヅチは、庁舎に巣喰う"魔"の正体を暴こうとするが…。異才・荒俣宏が、新宿風水の謎をここに解き明かす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 荒俣さんにしては、面白みに欠けるな~。
    風水などの説明は興味深く読めるのだけれど、最後の戦いが
    軽いんだよな~。
    それに、父親の死がどうしても理解できない。説明不足な気がする。
    荒俣さんなら、もっと面白く書ける気がする。
    やっつけ仕事みたいな感じ。

  • 98

    新都庁建設現場に復活した鬼神。東京の町を風水の観点から解明。文章、描写は平易でクセがない。

  • レックスムンディで荒俣氏にはまっての一冊。
    相変わらず蘊蓄がものすごい。風水とかなるほどの連続。
    他国の文化についても興味深かった。荒俣氏の本に書いてあることは鵜呑みにしていいのかたまにわからない時があるんだけど、どこまでがフィクションなのか・・?
    ストーリーは初めから最後まで飽きずに読めた。案山子ってそういう扱いもあるとは・・昔の風習とか諺ってホントに奥が深くて面白いなと思う。
    もっとこの作家の本を読んでみたい。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1947年東京都生まれ。博物学者、小説家、翻訳家、妖怪研究家、タレント。慶應義塾大学法学部卒業。大学卒業後は日魯漁業に入社し、コンピュータ・プログラマーとして働きながら、団精二のペンネームで英米の怪奇幻想文学の翻訳・評論活動を始める。80年代に入り『月刊小説王』(角川書店)で連載した、もてるオカルトの叡智を結集した初の小説『帝都物語』が350万部を超え、映画化もされる大ベストセラーとなった。『アラマタヒロシの妖怪にされちゃったモノ事典』(弊社)、『世界大博物図鑑』(平凡社)、『荒俣宏コレクション』(集英社)など博物学、図像学関係の本も含めて著書、共著、訳書多数。

「2021年 『アラマタヒロシの日本全国妖怪マップ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒俣宏の作品

ツイートする
×