想像力の地球旅行―荒俣宏の博物学入門 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.62
  • (11)
  • (10)
  • (31)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 144
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (462ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041690376

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昔の人の想像力の豊かさ。
    博物学の愉しさ。
    どこを読んでも愉しいです。

  • 博物学たのしい!それは学問でありながらミーハーさと純粋な好奇心の発露なのです。こんな鳥いるんだーとかそういうね。
    わかりやすくておもしろかったー
    そして世界史を勉強したいとあらためて思う。

  • 3,400年くらい前に、ヨーロッパ人がアフリカ、アジア、アメリカ、そういう海の外の世界を体験して受けた新鮮な衝撃。それが博物学の生まれたきっかけになった。
    自分の新しい世界に出会ったときの衝撃と比べるとなんだか楽しい。
    実際に博物学の当時の図譜を見てみたい。

  • 読んでいるところ。いろいろとリンクしておもしろい。

  • 自分としては、今までにないジャンル・・・新たな考え方・発想をもたらしてくれそうです。
    コンペでのレセプションで知り合った人に紹介いただいた本。
    読みやすくはないです。
    でも、私に与えた刺激はランク5を越えています。

  • 2009年3月27日読了。

    博物学と博物学者のエピソードがわかりやすくまとめられており、大した知識を持ち合わせていなくてもおもしろく読めた。

  • オムニバス形式で各章で話が前後し、読みにくいところもあったが面白かった。
    想像力、好奇心を駆り立てられ、世界中を航海・探検調査する
    フィールドワーカーたちの生きざまに浪漫を覚えた。

    今ではありえない!形の動物たちの図画も満載であり、
    当時の人々がこれらに対して、いかに驚いたか、歓喜したかを想像するだけで十分に楽しい。

  • ソフィア文庫 SP-305

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1947年、東京都生まれ。作家、翻訳家、博物学者、幻想文学研究家として、多彩な執筆活動を行う。シリーズで350万部を超える代表作『帝都物語』(角川書店)で日本SF大賞受賞。『世界大博物図鑑』全7巻(平凡社)ではサントリー学芸賞を受賞。おもな監修・著書に『モノのはじまりえほん』(日本図書センター)、『日本まんが』全3巻(東海大学出版部)、『すごい人のすごい話』(イースト・プレス)、『サイエンス異人伝』(講談社)、『江戸の幽明』(朝日新聞出版)など多数。

「2018年 『しらべる・くらべる・おぼえるチカラが身につく! うんこ図鑑』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒俣宏の作品

想像力の地球旅行―荒俣宏の博物学入門 (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする