続 箱館戦争―碧血の碑 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041696064

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 五稜郭の降伏、箱館戦争の終結まで。一応榎本さんが主人公らしいが、にしても会津藩諸士の視点から描きすぎ。そして、相変わらず台詞が間延びしていて緊張感に欠ける……。ただし、箱館戦争についてかなり詳しく描かれているので、箱館戦争に興味があるならそれなりに楽しめるかもしれません。小説というよりノンフィクションに近いという印象。全体的に、悪くはないけどな。でも――と続けたくなるような読感でした。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

星 亮一(ほしりょういち)1935(昭和10)年仙台市生まれ。高校時代を岩手県で過ごす。一関一高、東北大学文学部国史学科卒。福島民報記者を経て福島中央テレビに入りプロデューサーとして歴史ドキュメンタリー番組を制作。著書に『会津藩燃ゆ【令和新版】』『天才渋沢栄一』『奥羽越列藩同盟』『武士道の英雄 河井継之助』『斗南藩』『呪われた戊辰戦争』など多数あり。また20年余に渡り戊辰戦争研究会を主宰している。

「2021年 『星座の人 山川健次郎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星亮一の作品

ツイートする
×