摩天楼(ニューヨーク)の影 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041699102

作品紹介・あらすじ

「私、ずいぶん長く生きてきた…」版画アーティストを目指してニューヨークへやってきたぼくは、モデルのアラナと恋に落ちる。あの満月の夜。彼女の哀しい独り言の本当の意味を知る、あの夜を迎えるとは知らずに…。摩天楼都市での幻想的な男女の悲恋を描いた収録作「銀行の鱗」をはじめ、ネオ・ホラーの女王、竹河聖が虚飾の都市を基底に、静謐に、おぞましく、そしてポップな筆致で描き切る、四編の生と死の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ニューヨークを舞台にした4編の短編集。身近にありがちな怖い話だった。 1.自殺した人を偲べば自殺者の魂に引きずられて死んでしまう話。 2.ドラッグで死んだ女の子が寂しさのあまりに命日に近づくと男性をとり殺そうとする話。 3.蛇女の話。 4.付き合っていた男性がストーカーになり、襲われる話。

全1件中 1 - 1件を表示

竹河聖の作品

ツイートする
×