遠き雪嶺(下) (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.83
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041701034

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 下巻もさらに面白い。ノンフィクションかフィクションか分からなくなるくらい説得力があった。

  • 【本の内容】
    <上>
    世界の屋根たるヒマラヤは東洋の盟主・日本人が征服する―。

    昭和11年、ヒマラヤ処女峰ナンダ・コート初登頂に夢を賭けた日本遠征隊。

    立教大学山岳部の堀田弥一隊長率いる総勢5名。

    だが、遠征準備は苦難に満ちた。

    資金集め、装備、ベースキャンプへの物資輸送、シェルパの雇用などすべて手探りであった。

    そして、栄光の頂上を目指し、ヒマラヤの麓へ出発…。

    日本山岳小説に燦然と輝く、渾身の超大作900枚。

    <下>
    「これを登るのか…」真正面にナンダ・コートの北壁が立ちはだかる。
    悪絶な様相をみせる北壁は背筋が冷たくなるほどの凄みがある。

    堅雪にピッケルを突き立て堀田隊長は息を呑んだ。

    苦しんでいるのは他の隊員も同じだ。

    極度の疲労、氷のように冷え切った体。

    凍傷で手足の先が切り裂かれるように痛む。

    猛吹雪、雪崩、病状の悪化、予想外の事態…。

    栄光の頂上は近い―。

    取材・構想10年、壮大な実話に基づいた日本山岳の小説の大作。

    [ 目次 ]
    <上>


    <下>


    [ POP ]
    こんなに肩に力の入った読書は久しぶりだ。

    この小説がヒマラヤ処女峰ナンダ・コート初登頂に賭けた、日本遠征隊の実話を基にした話だからだ。

    ときは昭和11年である。時代も時代だし、遠征の準備だけで想像をはるかに超える大変さだ。

    資金の調達から始まって、人選や装備を整えるのも一苦労。

    人間同士ゆえの駆け引きやしがらみによる悲喜こもごももある。

    人間も物資も資金を少しでも節約するため、はるばる船で運ぶのだ。

    現地に着いたら、今度は異国でのシェルパの雇用による混乱や困難が待つ。

    この辺りはインド文化を知る読み物としても、かなりの読み応えがあって面白い。

    しかし当然圧巻はここからだ。

    ヒマラヤの厳しさは隊員たちに容赦ない勢いで襲いかかる。

    猛吹雪、雪崩、凍傷、高山病、思わぬ事態の連続に、読んでる側もページをめくるだけなのにめまいがしてくる。

    とうとう登頂が成功して私も心底ほっとした。

    というわけで、読了後は肩ごりごり。

    疲れますが、実話だけに読み応えは十分。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 登頂できて、本当にホッとした。この頃のテントとか見てみたい。

  • 上巻の序章で隊長が言った「今日のところは、引き返す。そして再挙をはかる」の実際の場面に近づいたときには、いよいよか!って期待したけれど、そこは谷甲州。サラッといってくれたね。無謀とも思えたこの登攀計画だが、日本の冬山で培った技術は十分通用している。問題は、財力とヒマラヤでの経験だとわかる。非常に熱くなるものがこみ上げ、涙がじわり。あっさり派の谷先生で涙するとは、ピュアな山岳ストーリーまたは青春だからでしょうか。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1951年、兵庫県生まれ。大阪工業大学土木工学科卒。『白き嶺の男』で第15回新田次郎文学賞、『コロンビア・ゼロ 新・航空宇宙軍史』で第36回日本SF大賞を受賞。著書に《航空宇宙軍史》シリーズ他多数。

「2017年 『星を創る者たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

遠き雪嶺(下) (角川文庫)のその他の作品

谷甲州の作品

ツイートする