幻少女 (角川文庫)

  • 75人登録
  • 2.90評価
    • (1)
    • (2)
    • (28)
    • (8)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 高橋克彦
制作 : 吉田 良 
  • 角川書店 (2002年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041704127

幻少女 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ホラーというか、怪談の短編集。「緋」「蒼」と同様というか、その元ネタというか、ショートショートレベルの短い怪談がたくさん入った1冊。

    最初から子供向けに書いたのかどうかは知らないが、子供が主人公で、子供の独り語りの、いわば学校の怪談レベルの話がほとんど。それもあっという間にオチが付くため、「蒼い記憶」での「読み飛ばす不安」はほとんど無い。その辺は評価できる。

    ただ、電車の1~2駅間で読めてしまうレベルのコンパクトな話のうち、いくつかは記憶に残ったが、それ以外はスーッと抜けていくような話ばかりだ。

    一方で、記憶に残った話は、1/2~1冊分くらいのキッチリした話にしたほうが良いと思うわけ。ものすごくもったいない。

    こういうサラッと読める話は電子書籍をおすすめすることが多いのだが、むしろこの本数だと、電子書籍でもダレるかもしれない。

    ちょっと中途半端でした。

  • 2014/9/8(月曜日)

  • 初めて読んだ高橋克彦氏の小説。久しぶりに読んだので登録。
    ふたたび読んだが、「ミスター・ロンリネス」の最後の独白は物語内で語られていない部分に想像が飛躍して、途方もない孤独感を勝手に感じてしまう。

  • 生者は死者にどのような想いを託し生きるのか。
    死者は生者にどうような恨みを抱き死んでいくか。
    珠玉のホラー掌編集。

  • ホラー風味の超短編集いっぱい。
    ・単語は単純なのになぜか読みくい

全5件中 1 - 5件を表示

幻少女 (角川文庫)のその他の作品

高橋克彦の作品

ツイートする