春信殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.26
  • (1)
  • (6)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 66
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041704189

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本物と言われていたのに、贋作だった作品と共に
    姿を消した人物を探す依頼を受けた。

    思わぬ人からの依頼、というのもありますが
    二転三転していく内容に、一体どういう状況なのか、と。
    複雑になっていく、というよりも
    つかんだと思ったら、別がでてくる、という…。

    主人公の仕事は人探し、含む作品探し?
    なので、題名に『殺人事件』とついているわりには
    尻切れトンボな感じで終わってる気がします。
    犯人がきっちりと独白してくれるようなのが好きな人には
    まったく向かないかと。

  • ふつうだった・・・。
    うーん、写楽とか北斎はおもしろいなー!と思ったんだけど、10年ぶり?くらいに同じシリーズの読んだら、ぶっちゃけなーんかなーという感想。
    そんなもんだったっけ??

    ・おいおい奥さん、簡単に銀行のキャッシュカードの暗証番号教えたらあかんよ!!

    てのがとても気になりました(笑)

  • 春信作品に絡む殺人事件。
    塔馬、仙堂こう介登場。

  • 主人公は浮世絵界に絶望した探し屋、仙堂。「春信」に隠された驚愕の真実と複雑な人間の恋愛劇が悲劇をもたらす。
    塔馬が後半登場。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1947年、岩手県生まれ。早稲田大学卒。83年に『写楽殺人事件』で江戸川乱歩賞、86年に『総門谷』で吉川英治文学新人賞、87年に『北斎殺人事件』で日本推理作家協会賞、92年に『緋い記憶』で直木賞、2000年に『火怨』で吉川英治文学賞を受賞。
本作『水壁 アテルイを継ぐ男』は、著者のライフワークである東北を舞台とした歴史大河小説シリーズの一作で、時代の順では『風の陣』(全五巻)、『火怨 北の燿星アテルイ』(上下巻)に次ぐ作品となる。以降、『炎立つ』(全五巻)、『天を衝く』(全三巻)と続く。

「2020年 『水壁 アテルイを継ぐ男』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋克彦の作品

ツイートする
×