ぼくはビート (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.21
  • (3)
  • (8)
  • (43)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 156
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041710029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 甘く切ない大人の恋の話。

  • 私の中にも、ビートがいてほしい。

    初めて読んだ高校生の時、自分の身体の中の、細胞の中の、血液の中のもっともっと奥にあってほしいと想像したワクワクそわそわした感覚は、40を超えた今でも忘れていません。

  • 「成人向き毛布」と「ぼくの味」が好き。

  • クロゼットフリークが大好き

  • 何も考えずに愛し合いたくなる感じ?
    大人のいい女がたくさん出てきます。

  • 中学生のときに山田詠美と出会わなくてよかった〜とつくづく思う。とんでもない中二病クリーチャーが出来上がってたことであろう…。

    クラブに行って、ふらふらに酔った早朝、好きな人と無性に肌を合わせたくなる一冊。

    「YOU KNOW WHO」と「黒い絹」が素敵。何度も読み返してはウキウキしてしまう。

  • 「これは買って、ぜひ読んでほしい。人間の生き死にをいつもちゃんとみてるっていう気がします」
    「『文庫』の大航海。」(杉浦日向子+佐高信)
    『日本人の死角』(徳間書店、1993.9.30所収)

  • 恋愛は甘くせつないもの。すべての人に捧げるラブストーリー。(あらすじより)

  • 登場人物はみんなピュアで、素敵。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

山田 詠美(やまだ えいみ)
1959年、東京生まれ。明治大学文学部中退。85年『ベッドタイムアイズ』で文藝賞受賞。同作品は芥川賞候補にもなり、衝撃的なデビューを飾る。87年には『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で直木賞受賞。89年『風葬の教室』で平林たい子文学賞、91年 『トラッシュ』で女流文学賞、96年『アニマル・ロジック』で泉鏡花文学賞、2000年『A2Z』で読売文学賞、05年『風味絶佳』で谷崎賞、12年『ジェントルマン』で野間文芸賞、16「生鮮てるてる坊主」で川端賞を受賞している。その他の著書に『無銭優雅』『学問』『タイニー・ストーリーズ』『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』などがある。

ぼくはビート (角川文庫)のその他の作品

ぼくはビート 単行本 ぼくはビート 山田詠美

山田詠美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山田 詠美
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする