熱血ポンちゃんが行く! (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.39
  • (5)
  • (9)
  • (31)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 122
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041710036

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一回読んでみたいな、と思っていた山田詠美さんのエッセイ(小説は読んだことあり)。

    宮本輝さんとの出会い~結婚パーティまで!
    くるくるくると山田さんの物語が紡がれている。
    幸せなことや楽しいことは自分で見つけて、創り出してゆくものなのだと気付くことができる。
    恋人とのやりとりはケンカも含め、どたばたと楽しそう。
    山田詠美ワールドへの新しい扉が開きます。

  • このエッセイは、山田詠美が宮本輝氏に会うところからCDと結婚するまでをつづったエッセイです。
    私は、かっこいい『山田詠美』も好きで憧れるけど『ポンちゃん』の山田詠美は共感が持ててもっと好き!いいよね~、ポンちゃん。
    彼女みたいに生きられたら最高だよね。
    まぁ、いろいろと苦労はあるだろうけど、それを乗り越えちゃうパワーというかお気楽性格というか、誰にも真似できないよね~。
    ほんと毎日たのしそうだな~。ポンちゃんのお友達になりたいわ~。
    って彼女ももう50すぎてるんだよね。

    じつは、この本も1990年に出版されてるんだよ~。
    20年前!
    角川文庫から発行されたんだけど、山田氏は角川春樹が逮捕されてからは角川とは手を切ったらしい。で、今は講談社から出版されてるんだって。
    じゃあ、あの角川の石原ちんはどこに行ったんだ~?
    読んでてよく出てくる準主要人物だけにちょっと気にかかる~。(笑)

  • 笑いと涙のエッセイ集。

  • 角川書店、エッセイ、熱血ポンちゃんシリーズ第1巻、月刊カドカワ連載、1990年4月5日、初版発行、定価1000円(本体971円)

  • 借りた所:川崎市図書館
    借りた日:
    読んだ日:

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

山田詠美

一九五九年東京都生まれ。八五年「ベッドタイムアイズ」で作家デビュー。『ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー』で直木賞、『トラッシュ』で女流文学賞、『A2Z』で読売文学賞、『風味絶佳』で谷崎潤一郎賞、『ジェントルマン』で野間文芸賞、「生鮮てるてる坊主」で川端康成文学賞を受賞。『賢者の愛』『つみびと』ほか著書多数。

「2021年 『つみびと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田詠美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山田 詠美
山田 詠美
吉本ばなな
山田 詠美
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×