東京怪奇地図 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.36
  • (1)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041711071

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 怪談集。

    どの話も直接何か恐いものが出てくるわけではないのだけど、
    読み終わった後首の後ろがうそ寒い感じになる。

    「水妖譚」がいちばん印象深かった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

森 真沙子 もり・まさこ
奈良女子大学文学部卒業後、雑誌、週刊誌の記者を経て1979年『バラード・イン・ブルー』で第33回小説現代新人賞を受賞し、文壇デビュー。
以後、近代史や現代史に材を採ったミステリー作品で活躍し、近年では中世、古代史にも範囲を広げ、歴史推理や歴史伝奇作品を精力的に発表している。

「2021年 『しぐれ迷い橋 柳橋ものがたり6』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森真沙子の作品

ツイートする
×