京都婚約旅行殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041712023

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 別れから物語ははじまり、婚約話と初恋のひととの交際の二股がはじまる。

    ああ,二股って、こうやって生まれることがあるんだという勉強になりました。
    優柔不断さが,すべてのガンなのだろうと。

    二股の苦労をしたことがないひとには、絵に書いた餅として鑑賞できる。
    二股の苦労をしたことがあるひとには,どういうふうに読めるのかはわからない。

    京都という観光地で、題材は著名なところが多いので,
    たいした迷惑にはならないのだろうが、殺人事件の現場にされた人達に,
    お悔やみの言葉をかけたくなります。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

京都府京都市生まれ。京都府立大学文学部国文科卒業。教師として教壇に立つかたわら、六七年ごろから執筆活動を始め、テレビドラマの脚本などを担当。七〇年『京城の死』(『愛の海峡殺人事件』と改題)で江戸川乱歩賞候補になる。74年「マラッカの海に消えた」で本格デビュー。八三年「消えた相続人」で第日本文芸大賞受賞。九二年に京都府文化賞功労賞、京都府あけぼの賞受賞。九六年没。

「2018年 『殺意のまつり 山村美紗傑作短篇集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山村美紗の作品

ツイートする
×