天翔ける倭寇〈上〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 29
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041713068

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 和歌山雑賀衆が倭寇となって中国に入るお話。
    紀州言葉が部分的にも懐かしい。

    あとがきにもある日本人の持つ良い面、悪い面がうまく出ている作品。
    「戦闘で勝って戦争に負けた」はうまいことを言うと思う。

  • 下巻とつづけて読みました。日本を飛び出した日本人の海賊の話。戦いの場面は多いけど、楽しく読めました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1978 年に『深重の海』で第79 回直木賞、95 年に『夢のまた夢』で第29 回吉川英治文学賞を受賞。『下
天は夢か』『柳生兵庫助』『武田信玄』『松風の人』『勝海舟』など著書多数。

「2020年 『叛骨 陸奥宗光の生涯 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

津本陽の作品

ツイートする
×