千葉周作〈下〉 (角川文庫)

著者 : 津本陽
制作 : 蓬田 やすひろ 
  • 角川書店 (1998年9月22日発売)
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 13人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041713167

千葉周作〈下〉 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 千葉周作を たんたんと 描く。
    独立して 門下生を集めるために
    様々な工夫をする。
    起業家でも あったんですね。
    千葉周作は。

    「敵をただ討つと思うな身を守れ、自ずから洩る賤が家の月」

    試合に際し 疑い、惑い、ためらい、おそれが 禁物である。156ページ

    千葉周作は 剣の達人だけでなく
    人を見抜き、そして、教える教師としての力量もあった。
    度量が 大きいと言うか 懐も大きい。
    宮田 に対する 対処の仕方が いいね。
    脇坂伴次郎への 教育の仕方も 目的が鮮明である。
    また、伴次郎が 強力な意志を持っている。
    いい話だ。

    千葉周作は 4人の息子に恵まれ
    栄次郎と言う天才が うまれる。
    しかし、いずれも 生きている時間が短く
    時代が大きく変わって 北辰一刀流は 変化せざるをえなかった。

    千葉周作の弟 定吉の息子 重太郎に 坂本龍馬は
    師事した。

全2件中 1 - 2件を表示

千葉周作〈下〉 (角川文庫)のその他の作品

津本陽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

千葉周作〈下〉 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする