信長の傭兵 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.47
  • (3)
  • (3)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 53
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041713310

作品紹介・あらすじ

種子島から鉄砲を持ち帰った津田監物は、鉄砲傭兵集団を組織した。監物率いる紀州・根来衆は諸国大名から重用され、その名は天下に轟く。永禄5年、新興勢力の最右翼である尾張の織田信長が根来衆に加勢を求めた。以後、監物は信長とともに天下布武の野望に向け、しかしあくまで傭兵として戦場を駆け抜ける。遂に信長最大の敵・本願寺との戦いに挑むが…。戦国の地図を塗り変えた、その波瀾に満ちた生涯。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 鉄砲傭兵集団・紀州根来衆の頭目・津田監物の一生を描いた作品。傭兵として織田信長の下で働くがあくまで戦争をビジネスとして割り切り、報酬分の働きをすればあとは逃げ延びるというスタイルの津田監物。前作を読まないで2作目から入ったのだがそれでも面白かった。あまり長くないのも良い。詳細→
    http://takeshi3017.chu.jp/file8/naiyou14204.html

  • 2017.10.22読了

  • 紀州根来党、鉄砲隊を差配する津田監物。彼の後半生は主に信長の傭兵として戦いに参画しており、これを描く本作は結局、織田信長記と化している。軽く読めるのは有難いが、金のためなら何でもする以外、根来党の思惑が見えてこないのには、小説としてはどうよと参ってしまう。とは言え、紀州弁(ただし、現代風なのは勿論)が上手く叙述されているのは、和歌山出身の著者らしい点か。◆雑賀党(石山本願寺の配下に)との関係・対立・抗争も本書では希薄。

  • 紀伊の鉄砲傭兵集団、根来衆の頭領である津田監物が主人公の小説です。
    私自身、和歌山の出身なので方言が非常に心地よかったですね。読んでいて親近感が湧くというか、感情移入がしやすかったです。

    また紀伊の鉄砲傭兵集団といえば雑賀衆も有名ですが、あちらは主に織田信長に敵対していたのに対し、根来衆は信長に協力していたので、その対比という意味でも興味深く読めました。

    読了日:2011年5月

  • 方言にちと苦戦。味わいがあって良かったんですが。

  • 【P】

  • 戦国の世に、鉄砲に賭けた男の生涯。
    種子島から持ち帰った鉄砲の製造に成功した津田監物は、傭兵軍団「根来鉄砲衆」を率い、織田信長の天下布武実現のため命を賭ける。戦国の世を駆け抜けた津田の波乱に満ちた生涯と、凄絶なその最期を描く歴史長編!
    種子島から鉄砲を持ち帰った津田監物は、鉄砲傭兵集団を組織した。監物率いる紀州・根来衆は諸国大名から重用され、その名は天下に轟く。永禄5年、新興勢力の最右翼である尾張の織田信長が根来衆に加勢を求めた。以後、監物は信長とともに天下布武の野望に向け、しかしあくまで傭兵として戦場を駆け抜ける。遂に信長最大の敵・本願寺との戦いに挑むが…。戦国の地図を塗り変えた、その波瀾に満ちた生涯。

    2009.4.11読了!

  • 出身地が“根来衆” と同じという“大御所”津本陽が『鉄砲無頼伝』に続きブッ放す、種子島から鉄砲を持ち帰った鉄砲放・根来衆 津田監物の物語。
    監物が、傭兵として信長とともに天下布武の野望に向け、戦場の最前線を轟音とともにイキイキと跳びまわる姿は、戦国の世に閃光となって自らの軌跡を記している。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1978 年に『深重の海』で第79 回直木賞、95 年に『夢のまた夢』で第29 回吉川英治文学賞を受賞。『下
天は夢か』『柳生兵庫助』『武田信玄』『松風の人』『勝海舟』など著書多数。

「2020年 『叛骨 陸奥宗光の生涯 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

津本陽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×