下天は夢か 二 (角川文庫)

著者 :
制作 : 村上 豊 
  • 角川グループパブリッシング
3.10
  • (0)
  • (4)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (418ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041713365

作品紹介・あらすじ

尾張を統一した織田信長は、宿敵・斎藤氏を滅ぼし美濃を攻略した。木下藤吉郎が次第に頭角を現す。心の安らぎであった愛妾・吉野が世を去り、岐阜に居を移した信長は楽市・楽座など画期的政策を導入、「天下布武」を鮮明にする。近江の浅井長政に妹・お市を嫁がせると、明智光秀の要請を容れ、ついに足利義昭を奉じ上洛を果たす。信長の軍略・政策を明らかにした津本歴史文学の最高傑作。文字が大きく読みやすい角川文庫版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 和歌山などを舞台とした作品です。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

津本 陽(つもと よう)
1929年3月23日 - 2018年5月26日
和歌山県生まれ。東北大学法学部卒。会社員生活をしながら同人誌『VIKING』で活動し、掲載作「丘の家」が第56回直木賞候補。1978年に和歌山を舞台にした『深重の海』で第79回直木賞を受賞。1995年に『夢のまた夢』で第29回吉川英治文学賞を受賞している。1997年に紫綬褒章、2003年旭日小綬章をそれぞれ受章。2005年には第53回菊池寛賞を受章した。
ほか、代表作にベストセラーとなった『下天は夢か』。多くの歴史小説、企業小説を記してきた。

下天は夢か 二 (角川文庫)のその他の作品

津本陽の作品

ツイートする