虎狼は空に 上 小説新選組 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.42
  • (0)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041713396

作品紹介・あらすじ

文久3年2月、幕府の徴募に応じ、尊皇攘夷派がはびこる京に上った浪士たち。その中に、近藤勇、土方歳三らの試衛館道場一行や、水戸浪人の芹沢鴨一派などがいた。清川八郎らと分かれた彼らは、京都守護職の差配下に入り、その屯所を置いた地名から、壬生浪士組と呼ばれる。-のちの「新選組」であった。彼らは尊攘派浪人の取締りに辣腕を発揮、やがて芹沢一派を粛清した近藤、土方らが台頭する。文字が読みやすい新版で登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • びみよーなかんじ。出来事だけを連ねてるようで、描写も微妙かも。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1978 年に『深重の海』で第79 回直木賞、95 年に『夢のまた夢』で第29 回吉川英治文学賞を受賞。『下
天は夢か』『柳生兵庫助』『武田信玄』『松風の人』『勝海舟』など著書多数。

「2020年 『叛骨 陸奥宗光の生涯 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

津本陽の作品

ツイートする
×