独眼龍政宗 上 (角川文庫)

著者 : 津本陽
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年12月25日発売)
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041713419

独眼龍政宗 上 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 津本さんの著書は初めてよんだが、まるで歴史の教科書である。キャラクターの魅力は伝わらない。これを読んで、「うわー、政宗ってかっこいい」とはならないかも。。。
    そして、大きいことも小さいことも同じくらいの力の入れ方で書くので、戦争シーンが誰が一番で、誰の首をとってなどの描写が長々と続き、飽きてしまう。
    政宗がズーズー弁を話すのも、事実かもしれないが、イメージと合わない…。

    政宗が様々な環境下で読み上げた和歌などが多数紹介されており、そういった面に興味をもっている方にはいいと思う。それでも、事実のみに着目するためか解釈は載っておらず、自分で理解するしかない。

    史実を重要する方にはいいでしょう。

  • 若年にして父に跡目を譲られた政宗。 しかも、母とは上手くいかず、大事にしてくれた父を予想もつかない事件で失ってしまう。その後、家臣の力を借りながらも勢力を強めていくが、天下の大勢は秀吉中心に固まりつつあった。そんな中で遅く生まれすぎた政宗がどう生きるのかを描いている。

全2件中 1 - 2件を表示

独眼龍政宗 上 (角川文庫)のその他の作品

津本陽の作品

独眼龍政宗 上 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする