ジェリービーンズの片想い (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.20
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (163ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041745014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 高校生のころによんだ。

  • SWITCHの創刊号に載ってた『ウォーター・チャイルドの悲劇』は格好よかった。その断片や片鱗は感じるものの、まだまだ単に気取ってるだけな感じ。あの秋元康にもこんな反大衆カルチャー気取った時代があったのねと改めて思った。

  • 偶然みつけた詩集。
    「甘くて懐かしいジェリービーンズのような恋」の詩集。

    秋元康ってあの人かなぁ

  • なんかほんわかした感じだった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

音楽プロデューサー、作詞家、放送作家。AKB48グループや坂道グループのプロデューサーとしてそのほとんどの曲の作詞を手掛ける。また2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事を勤める。
美空ひばり生前最後のシングル「川の流れのように」を作詞。

「2020年 『あれから』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋元康の作品

ツイートする
×