「わがままな女」になろう エゴイスティックな恋のルール (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 17
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041745175

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • エゴイスティックな恋のエッセイ。

    男性目線でも、なるほどって納得できる内容が多くて、なかなか面白かった。

  • なんだか、病んでる気分だったので題名にひかれて読んでみた本。

    秋元康のエッセーは初めて読んだ。

    可もなく不可もなく。。。。

    「別れた恋人を忘れるためには、二度と後戻りできないようにするのが恋愛を断ち切るための最良の方法です。」

    その通りだ。

  • 『エゴ恋』が参考になるのかわからないけど・・・^^;おもしろい本です!!「涙は別腹」「便利男は惚れられぬよう殺さぬようつき合う」・・・などなど。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

音楽プロデューサー、作詞家、放送作家。AKB48グループや坂道グループのプロデューサーとしてそのほとんどの曲の作詞を手掛ける。また2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事を勤める。
美空ひばり生前最後のシングル「川の流れのように」を作詞。

「2020年 『あれから』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋元康の作品

ツイートする
×