捜査線上のアリア (角川文庫)

著者 : 森村誠一
  • 角川書店 (1996年2月発売)
3.14
  • (1)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 24人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041753330

捜査線上のアリア (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  銀行で働く津村豊和は、入行して10年目、仲の良い同僚の自殺をきっかけに自分もこのまま銀行に飼い殺されるのは嫌だと感じ、昔から好きだった小説を書いて生計を立てられないかと思いつく。そして一作目が幸運にも懸賞小説で入選し、天狗になった津村は早々に銀行をやめてしまうが、2作目をなかなか発表しなかったため、すぐに編集者にも世間にも冷たくされ、後がなくなってしまう。なんとか自分の原稿を売り込もうと東京に出てきてホテルに泊まった時、隣の部屋で女性の他殺体が見つかり、津村は犯人らしき男を目撃したにも関わらず警察には信じてもらえず、容疑者として取り調べられることになってしまう。落ち込む津村だったが、ここで発想を変え、自らの体験を小説として出版したところ、これが皮肉にも好調な売れ行きを見せ始める。

     いつのまにか作中作という体裁になっており、最後には森村誠一自身が物語に登場し、しめている。構成自体にトリックが仕掛けられているというのはこの時代にとってかなり斬新だったのではないだろうか。

全2件中 1 - 2件を表示

捜査線上のアリア (角川文庫)のその他の作品

森村誠一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

捜査線上のアリア (角川文庫)はこんな本です

ツイートする