ミッドウェイ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
4.00
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (491ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041753514

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (2014.08.28読了)(2007.01.14購入)
    【太平洋戦争】
    副題「血と海の伝説」
    「滄海よ眠れ」澤地久枝著、を読んだ際に、ついでに読めればよかったのですが、500頁ほどありますので、なかなか読み始めるのに覚悟が要ります。
    やっと読み終わって、ほっとしています。ミステリー仕立ての小説かな、と思って読んだのですが、戦闘機乗りの普通の戦争小説でした。
    ミッドウェイ海戦で出会うことになる日本の青年と、アメリカの青年を交互に描くことで、日本の情勢とアメリカの情勢を描きやすいようにしています。

    降幡圭、梅村弓枝、大山雄一、
    ロバート・ウッド、中川寛子、シャロン・ピアス、
    【目次】
    プロローグ
    艶麗な拒否
    復讐受験
    継続した転向
    逆行する潮流
    青春の聖域
    過保護の手当
    最後の夜景
    許されざる卒業
    よみがえらざる夜景
    瓜二つの女神
    死を予感した詩
    天への投身
    要視察の裏切り
    若者の義務
    ぜいたくは素敵
    幻影との交わり
    美しい凶器
    実態のない性媒
    面目のための時間
    操縦桿を握った鬼
    私生児の勝利
    播種された妻
    晒された女神
    火矢の一本
    死装への転換
    火のカーテン
    浮かぶ溶鉱炉
    免刑なき死刑台
    国の破片
    ただ一編の詩
    終章
    主要参考文献

    ●生きている兵器(54頁)
    降幡は人間ではなく、検査される〝物体〟にすぎなかった。軍隊が求めているものが人材ではなく、「生きている兵器」であることが、身体検査を通してわかったような気がした。
    ●早く(94頁)
    「就床動作は起床動作につながる。敵襲時に四分もかかって起床していたのでは、確実に殺されている。軍隊で早くということは生きるということだ。生きのびたかったら、何でも早くすることだ、わかったか」
    ●「国家総動員法」(180頁)
    昭和十三(1938)年三月、国民の使命と財産のすべてを戦争に動員する「国家総動員法」が成立した。ここに総力戦のシステムが完成した。この法律は国民の身体、生命、財産、自由を無条件に提供させることで帝国憲法に認められた臣民の権利と義務を変更し、天皇の大権を犯すとして議会で強く反対されたが、軍部の圧力に押し切られた。三月ドイツはオーストリアに侵入した。五月ドイツとイタリアは事実上の同盟関係を結んだ。
    ●真珠湾攻撃(255頁)
    第三次攻撃を加えるべきだという源田実航空参謀や第一次攻撃隊長の強い主張を抑えて南雲長官は反転引揚げを命じた。分離行動を取った補給部隊との会合に遅れる危険もあったが、真珠湾奇襲の目的を十分果たしたとおもったからである。この作戦の主たる目的は南方資源地帯を手に入れるまで米太平洋艦隊の動きを封ずる時間稼ぎである。
    ●零戦(291頁)
    「いいか、零戦と一対一で格闘戦に入るな。必ず二機以上連係してやれ。ワイルドキャットは零戦に比べて重い。速度、火力、上昇力、空戦性能なに一つとしてかなわない。腕が同じなら必ず食われるぞ。」

    ☆関連図書(既読)
    「滄海よ眠れ(1) ミッドウェー海戦の生と死」澤地久枝著、文春文庫、1987.06.10
    「滄海よ眠れ(2) ミッドウェー海戦の生と死」澤地久枝著、文春文庫、1987.07.10
    「滄海よ眠れ(3) ミッドウェー海戦の生と死」澤地久枝著、文春文庫、1987.08.10
    「家族の樹―ミッドウェー海戦終章」澤地久枝著、文春文庫、1997.05.10
    「永遠の0」百田尚樹著、講談社文庫、2009.07.15
    「新版 悪魔の飽食」森村誠一著、角川文庫、1983.06.10
    「新版 続・悪魔の飽食」森村誠一著、角川文庫、1983.08.10
    「悪魔の飽食 第三部」森村誠一著、角川文庫、1985.08.10
    (2014年11月4日・記)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    ミッドウェイの空に交錯する非情の運命の糸―。昭和17年、太平洋に暗い戦雲が迫りくるなか、日米二人の青年は、自ら国家の命運を担い、空の戦士となった。だが、二人には共に愛を寄せる美しき女性がいた…。歴史の巨大な魔力に翻弄される無念の青春。引き裂かれた想い。「戦争」と「人間」を考える、森村文学記念碑的叙事大作。

  • 太平洋戦争の転機になったミッドウェイの海戦をクライマックスに、日米2人の青年の青春を扱っている。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

一九三三年、埼玉県熊谷市に生まれる。五八年、青山学院大学英米文学科卒業。ホテル・ニューオータニに勤務し、六七年退社。六九年『高層の死角』で江戸川乱歩賞、七三年『腐蝕の構造』で日本推理作家協会賞、七六年『人間の証明』で角川小説賞、二〇〇三年に日本ミステリー文学大賞、〇八年『小説道場』で加藤郁乎賞、一一年『悪道』で吉川英治文学賞を受賞。著書に『運命の花びら』『棟居刑事のガラスの密室』『棟居刑事の黙示録』『戦友たちの祭典』など多数。公式ホームページのアドレスは、http://www.morimuraseiichi.com/

「2018年 『棟居刑事の追跡 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミッドウェイ (角川文庫)のその他の作品

森村誠一の作品

ツイートする